カテゴリ:山里暮らし( 51 )
古民家セルフリノベ
2年前、古民家を取得して住み着きました。
極力、リフォーム業者さんに頼まないで自分でリノベをしようと決めたものの、はてしない「やることリスト」に、身も心も疲れ果ててきました。
自分が存命中にこの、サグラダファミリア状況を打開するには、人の手を借りないとムリ。

そんな中「出張大工カルロス」という面白い人をネットで見つけました。
あやしげな男なのでちょっと悩みましたが、勇気を出して1ヶ月の約束で我が家に来てもらいました。

その結果がこれ。

f0041769_18243916.gif


で、
以前はこんな感じ。
f0041769_18211282.gif
鉄のベランダが腐食して危険な状況。しかも雨漏りも。
腐った壁には穴が開いていて紙を貼ってました^_^;

カルロス君はDIYのお手伝いしながら全国渡り歩いてるという、あたらしい働き方、暮らし方の若者。TVにも出たことがあるとのことなので、ご存じの方もいるかな?

彼の契約条件は、1か月の契約金のほかに、宿と飯を提供すること、そして任せきりにせずに、できるときはいっしょに工事のお手伝いをすること。

プロの大工さんに任せた方が、もちろんもっといい仕事をしてくれるんでしょうけど、自分たちで作るということが、この家の場合楽しいんじゃないかなと思ったのと、面白い若者は応援したいなという思いから、彼を頼むことにしました。

今回はお料理上手な奥さんも同伴で、彼らの仲間のボランティアの青年たちもやってきてくれて、毎晩たのしくボードゲームしたり酒盛りしたりしました。

今回の工事では、離れの腐食したベランダ、壊れた屋根瓦を撤去して、新たに黒い杉板壁、緑の屋根とひさしを作りました。

施工の記録に、毎日、早回し動画をとってくれたので、いい思い出になりました。

工事二日目
この、危険なぼろ屋が…



最終日には、なんということでしょう!
こんなにきれいになりました!


自分たちで工事すると、当然、プロの仕事とは違って、仕上がりがそれなりだったり、やり直しが多かったり。
でも、完成した時のよろこびはひとしおです^_^


by sugitacp | 2019-06-11 18:08 | 山里暮らし | Comments(0)
猫の桃源郷。またたびの谷を発見。
近所でマタタビだらけの谷を発見!
マタタビの木は、新緑の季節に真っ白な葉っぱが枝先につくから、すぐに分かる不思議な木。
f0041769_18341217.jpg
このマタタビが谷を埋め尽くし、猫にとっては桃源郷、もしくは、ゴールデントライアングル。
f0041769_18354935.jpg
クロフスキーに土産でひと枝切って行ったら、「新物は香りが良くていいね」と喜んでかじっています。
f0041769_18380238.jpg
猫によっては、ヨダレ垂らしてラリラリになってしまうのもいるんですが、クロフスキーはそこまでではなく、いちにち5分ほど、実や茎をかじったりして、優雅に初夏のマタタビをたしなんでいます。

by sugitacp | 2019-06-11 18:01 | 山里暮らし | Comments(0)
微発酵塩梅ドリンクの作り方
たくさんの梅がとれました。
ぼくは毎年、夏の山で飲む熱中症対策ドリンクを作ります。
アメの「小梅ちゃん」みたいな味で美味しいですよ。
飲むときは水で割ります。

梅サワーのレシピを応用して、砂糖を3割減らした分、その分、塩を増やしました。簡単です。
少し発酵させるとおいしいのであえて、最初、塩や砂糖は少なめにして発酵させ、頃合いを見計らって追加します。


★レシピ
(とっても適当です)

梅 5㎏
砂糖 2㎏ぐらい (後で加えても良い。分量外)
海塩 300gぐらい (後で加えても良い。分量外)
酢 500mlくらい (後で加えても良い。分量外)
f0041769_18401897.gif
つくりかた
1.青梅を洗って一晩水にさらしてアクを抜く。へたは、とりません。とっても意味ないと梅酒やさんに教わりました。
2.梅、しお、砂糖、を順番にビンにいれていき、最後に酢を振りかける。分量は適当でよい。
3.水分が出てくるので、毎日、ビンを傾けて転がしたりして梅たちが濡れるようにする。
4.発酵すると泡が出てきます。そのまま放置でもいいですが、まあ、こんなもんかな?と思ったときに、塩、砂糖、酢を追加して発酵を抑えます。
まずは砂糖を入れてから、塩を加えていくといいです。味の目安は、アメの「小梅ちゃん」。
5.一か月ほどで出来上がり。発酵しているまま放置すると、苦みが出たり、お酒になってしまうので、網でこして冷蔵庫に入れる。特に発酵が見られないようなら、そのまま放置でもOK。

飲むときは水や炭酸で割ります。焼酎をいれても美味しい^_^


by sugitacp | 2019-06-11 18:01 | 山里暮らし | Comments(0)
アンティークの机を再生
何年か前に近所の方からいただいたアンティークの机。緑の椅子がセット。
以前は植物学者の持ち物だったらしい。
f0041769_16131927.jpg
天板のニスがはげかかり、無数の輪染みがあります。このままでもまぁいいかと思ってましたが、このたび一念発起してきれいにすることに。
まずは、荒いサンドペーパーで古いニスを剥がします。
f0041769_16264590.jpg
右が、ニスをはがしたあと。

それから細かいサンドペーパーをかけてから、オイルステインを塗り、仕上げはオレンジオイルをつけた布で磨きあげます。
f0041769_18094981.jpg
あっという間に、こんなにきれいになりました。
すべすべツヤツヤで気持ちいい!
もっと早くやっとけばよかった。
f0041769_17080798.jpg
きれいにした机を置くと書斎が完成。
この部屋は、沢に面していて、しかも壁にすきまが開いているので、今の時期にはちょっと涼し過ぎ。
初夏から夏にかけて快適な書斎になるのではないかなと思います。


by sugitacp | 2019-03-20 16:16 | 山里暮らし | Comments(0)
七面鳥がきた
七面鳥が来た。
先住のコッコとつるんで遠くで遊んでるときに、口笛で呼ぶとあわてて走ってくる。
なかなか賢くておもしろい鳥です。動画を撮ってみました(下の画像をクリック)。

庭にハーブを植えて手狭になってしまった知人から、クリスマスまで預かってほしいといわれまして。

ひちめんちょう。
僕は神戸で育ったためか、それとも母親が名古屋の人のせいか、いまだに、7のことを「ひち」と認識していて、「ひちごさん」とか「ひちめんちょう」と書いてしまう。
これだと正しく変換ができない。
言葉の訛りは消えたはずなのに、文字の訛りは、一生残るようです。
イギリスに引っ越したアメリカ人が”theatre”を”theater”、”aluminium”を”aluminum”と書いてしまうようなことかな。


面白い生活をしているんだから、動画を撮ってyoutubeなどにのせてみたら?
…とある人に勧められて、生まれて初めてスマホで動画を撮ってみました。なかなか面白いものですね。

by sugitacp | 2018-10-16 19:18 | 山里暮らし | Comments(0)
柿酢の醸造にチャレンジ
柿をほっておくだけで、美味しい酢ができるらしい。
去年、酒田市の柿酢工場で、そのおどろくほど簡単な造り方を聞いてからずっとやってみたかったんです。
柿をただ放置するだけで皮に住んでいる菌たちが発酵して酢になるらしい。

洗わないしかき混ぜないし、何にもしない。虫とカビに注意するだけ。話としては分かるけど半信半疑です。

…あまりに半信半疑だったので、写真を撮った後、バーミックスでジュース状にしちゃいました^_^;
ゆっくりと発酵が始まってます。
f0041769_21131880.gif


by sugitacp | 2018-10-04 21:12 | 山里暮らし | Comments(0)
葛の花はぶどうガムのにおい
最近、山からいい匂いがすると思ったら、葛の花の季節だ。ぶどうガムの様な甘い強烈な香り。
今では嫌われ者の葛だけど、秋の七草のひとつ。
f0041769_11580074.jpg

葛根のデンプンは日本料理には欠かせないし、この花を乾かすと葛花(かっか)と言う生薬になり、最近ではダイエットサプリに入れられてるらしい。

クズはいくら刈っても、地下茎に栄養たくさん蓄えてるから、すぐに出てきてしまい根絶は難しい。茎をあまり切らないようにして、毛糸玉みたいにぐるぐる巻きにおいておくと、諦めてそれ以上伸びなくなり、草の勢力が徐々に衰えて、不必要に生えてこなくなるという話を「風の草刈り」という新しい草刈りを提唱する人に聞いたので、最近試してみています。
ヤギはこの葛が大好きですが、マメ科の草を食べ過ぎるとお腹こわすらしい。
以上、葛の豆知識でした。

by sugitacp | 2018-09-07 11:59 | 山里暮らし | Comments(0)
ヤギを飼い始めた
ヤギを飼い始めました。名前はハムちゃん。草を喰む(はむ)からハム。
f0041769_20554201.jpeg
先住のコッコちゃんとも、仲良くなりました。
知り合いが飼っているヤギなのですが、庭の草を食べ尽くしてしまい、最近食べ物が少なくて痩せてきてしまったので、草がでてくるまでひと月ほど預かってほしい、と言われて預かることになりました。
ヤギって意外に人なつこくてさみしがりや。猫みたいに頭や体をスリスリして甘えて来ます。そして、うれしい時や、たのしい時は、犬みたいに尻尾をぴちぴち振るんです。
誰にでもなつくので、近所の人にも大人気。
f0041769_21023810.jpeg
最初は、爬虫類みたいな目(-)のせいか、なに考えてるか分からなくてすこし怖かったんですが、夜になると瞳孔が開いてまるくなる事を発見しました。
f0041769_21000724.jpeg
夜になると、話し合えそうな目になります。

by sugitacp | 2018-06-01 18:29 | 山里暮らし | Comments(0)
鶏が自分の産んだ卵を食べてしまって困ってます
最近、うちのコッコちゃんがタマゴ産まないなあ、と思ってたら、
なんと!自分で自分が産んだタマゴを食べてたらしい!!!
f0041769_20532395.png
殻も食べるから証拠隠滅されてしまう。
ニワトリの朝ごはんが生卵、ってなんか変じゃない?
おかしいよ。

養鶏用語では「食卵癖」といい、いったんたまごの味を覚えた鶏を直すのは難しいらしい。
タマゴおいしいもんねー。

でも、タマゴが欲しいからにわとりを飼ってるのに、これじゃ意味がない。

対策としては、石の偽卵をたくさん小屋に入れて誤魔化すとか、中にカラシを仕込んだ卵を食べさせて、卵ってまずい!と思わせる方法があるそうです。

とりあえずカラシ入りの「悪魔の卵作戦」でやってみます。練りがらし大さじ四杯をこんにゃく糊にまぶしたものを、小さな穴をあけた卵の殻に充填。
f0041769_20532672.png
悪魔の卵を食べてどんな顔するか、ちょっと明日が楽しみだ。
かわいそうだけど、ちょっと楽しみ。
まぁしかたない。なんか、芸人をだますドッキリ番組みたい。

さて、翌日。

 食べました! 
f0041769_20533552.jpg
ヤバイよヤバイよ! 無理ムリ! 

カラシが付いたくちばしを一生懸命ぬぐって、卵にはもう見向きもしなくなりました!
ドッキリ大成功!

機嫌を直して自転車に乗ってるところ
f0041769_20533223.png

これで、懲りてくれてたらいいんだけど。
カラシ卵のドッキリ以来、2日めだけど今のところ大丈夫164.png



by sugitacp | 2018-04-21 20:59 | 山里暮らし | Comments(0)
シカの解体
動物の解体なんてきもち悪いかなと思いきや、新鮮な内臓は美しく、まったく気持ち悪くはないものです。
しかも美味しいのですから。
f0041769_11111257.png
イタリアの大衆食堂ぽいモツのトマト煮を作ってみました。
チューブ状のはマカロニではありません^^



つづき・・・
by sugitacp | 2017-12-26 11:12 | 山里暮らし | Comments(0)