ミョウガとゴーヤでカンボジア料理
神社の掃除当番でミョウガがたくさん取れました。
ゴーヤももらったので、カンボジア駐在時代に食べて、とても美味しかった麺料理、ゴーヤ入りのヌンバンチョックを再現してみました。
f0041769_11104480.jpg
カレーペーストなどで手抜きすると10分でできます。
ミョウガのエグ味と、ゴーヤの苦味が甘いココナツに合います。

作り方。
1)ニンニク、グリーンカレーペースト、プラーホック(なければアンチョビ)を潰して炒めて、香りを出す。
2)ミョウガゴーヤ、肉を炒めて、ココナツミルク入れてさっと煮る。
3)魚醤で味を整えてから、素麺(本当は米の麺)にぶっかけて食べる。

カンボジア人は、エグ味や苦味を楽しむ、大人ぽい味覚を持っていて、何を食べてもだいたい美味しかったです。

ちなみに、カンボジアにミョウガがあるんだ!?と思われたかもしれませんが、ミョウガは東南アジア原産で、太古の昔に人の手で日本に持ち込まれたんですって。
山の中で勝手に生えてるようなのも、もともとは人が植えたんですって。

by sugitacp | 2018-09-07 11:36 | Comments(0)
<< 葛の花はぶどうガムのにおい 男だけどスカートをはいてみた >>