林業ボランティア
去年一年間、東京都がやっている林業ボランティア養成講座というのを夫婦で受講していました。
1年かけて学んだことを今年は実践しよう、と思っていたのですが、コスメの起業のために中止。残念です。
今日はそのときの仲間と高尾山に登山に行ってきました。
久しぶりに自然に触れて、心が開放された感じです。

林業ボランティアについて一言。
東京は意外にも広大な森林があるのですが、林業の衰退と共に森が荒廃してひどい事になっています。日本の森林は人工林が多いのですが、人工林というのは材木という作物を育てるための「木の畑」。手入れをしないと荒れてしまいます。

普通の畑でしたら、単に雑草ボウボウになるだけで一向に構わないのですが、「木の畑」の場合はほっとくと大変なことになります。

-雪害や台風で一本の木が倒れてそれを放っておくと、倒れて持ち上がった根っこの周りの土が流出し、周りの木も根こそぎ倒れてしまい、何年かすると加速度的に斜面がハゲ山になってしまう。
-増えすぎた鹿の食害により苗木が食い尽くされてしまい、斜面がはげ山に。
-はげ山になってしまえば表土が流出し、草木が生えなく砂漠化する。
-はげ山は保水力がなくなり、土砂災害や水害のもとになる。また、飲み水が確保できなくなる。動植物が死んじゃう。地下水が枯渇する。土砂が河川に流れ出し海が汚れる。もちろんCO2削減効果が落ちて東京の空気がさらに汚れます。

日本の林業は、ごく一部の高付加価値ブランド産地以外はほとんど消滅。
放置され、砂漠化する山が増えてきています。
痛々しいものです。
そういった山々を救おうというのが林業ボランティア。
苗を植えたり、密集しすぎた木や枯れた木を切り倒したり、枝打ちをしたり。
運動不足・ストレス解消にもなっていいですよ。女性でも大丈夫です。

今日の登山に参加した林業ボランティアのメンバーは主に定年まじか&定年後のおじさまたち。
LOHASなんて言葉は知らなくても山と自然を愛し、行動するおじさまたちは素敵です。
オヤジギャグにもなれました。慣れるとかえって心地よいものです。

[今日の出来事]
-朝8時にJR高尾駅集合
-びわ滝経由で12時に山頂に。599m。
-お弁当&安ワイン。
-稲荷山経由で下山。
-蕎麦屋でビール、新酒、ざるそばで騒ぐ
-6時ごろ帰宅。コスメの仕事。
# by sugitacp | 2005-11-12 23:18 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
氾濫するスキンケア情報を整理する方法
たまには美容関連についても書きます。
 
きっかけは、顔を冷やしましょう、という記事を昨日発見したことです。
同じ日に別なところでは顔を温めましょう、という記事が。
それぞれ論拠があっての主張なのですが、果たしてどちらが正しいと思いますか?
 
===================
 
美容情報と健康情報、ほんとうにすさまじい量ですよね。
 
やれ顔を温めろだの、冷やせだの、
マッサージしろだの、するなだの、
クレンジングは必須、しないと皮脂が酸化してしみが増えるよ、
クレンジングは絶対するな、表皮が乾燥しますよ、
 
結局どっちなんだ?!
 
という感じですが、意見が分かれる美容法、健康法で多数派になる方は、
結局、儲かる側なんです。
 
新しい器具や化粧品が良く売れるような研究をした方が金も出るし、ウケもいい。
記事にもなるしね。
 
じゃあ、あんたは化粧品会社なんか作ってどうするわけ?
売りたくないわけ?
といわれそうですが、実はそこがちょっと悩みどころです。
 
スキンケアって要するに
1)紫外線に気をつけて
2)健康的でストレスの無い楽しい生活を送る
3)過剰なスキンケアはほどほどに適度な保湿をする

以上3っつの事を実践するだけでいいはずです。
これをやってれば高価な基礎化粧品なんか無くったっていいんです。
 
でも以上の3か条って実はかなり難しいことです。
それを補うのが基礎化粧品だと思います。
 
ただし、そもそも皮膚はか弱い肉や臓器を守る為にあるもの。
やわらかいけど強靭な自己再生可能なよろいです。
想像以上に強い器官ですから過剰なケアはかえってだめにしてしまいます。
 
足りないものを「補う」という目的から踏み出してしまうと、
諸刃の刃となってしまうのが化粧品の怖いところ。
化粧品たるもの、分をわきまえることが大切だと思います。
 
あくまでもスキンケアの主役は、おきゃくさんの生活そのもの。
その生活で足りない部分があればそれを補う。
それが化粧品の役目。
 
余計なことはしてはいけない。
甘やかしてはいけない。(体は甘やかすと後でろくなことが起きません。)
 
そんな感じの製品を作りたいです。
でもそれだけだったら、ちふれで充分です。
(実はおすすめです。 使ってる原料は特にすばらしいわけでは無いんですが安くて正直。)
 
但し、化粧品ってそれだけじゃないんですよね。
化粧品にはエンターテイメントの側面がかなりあります。
 
化粧品って純粋に楽しいじゃないですか?
でもどうせなら、自然で安全でしかもまじめなものであそびませんか?
 
さっき、「補うのみで余計なことはしたくない」、と書きましたが、
お客さんの楽しい生活を、もっと楽しくする、ということは大いにやってもいいと思います。
 
これが、私の提案です。
 
…というか、書いていたらまとまってきた感じです。
これが私のやりたかったことなのですね!
 
書くっていいことですね。
がんばります。

---------------
 
で、先ほどの、相反する情報を選ぶときの方法なんですが、
それは意外に簡単。
 
より自然な方を選べばいいのです。
 
顔を温めるのは自然でしょうか?
冷やすのは自然でしょうか?
 
答えは簡単。 両方とも不自然です。
だから習慣的にはやらない方がいい。
 
季節やその日の活動内容により、顔が温まる日もあれば冷える日もある。
それでいいじゃあないですか。
体がせっかく温度になれようとしているのを邪魔したり助長したりするのは
いかがなものかと思います。
 
変わったことを習慣的にやってると、必ず弊害が起きます。

(でも、スペシャルケアとしてたまにやる分には、気分転換にもなるし良いと思いますよ。
特に、血行が悪い感じがするときは蒸しタオルですね。
でも寒い時期に毛穴が開いたままほったらかしにしてると風邪引くから
すぐに化粧水をつけて冷やして毛穴を閉じる。 たまには良いと思います。)
 
[1日の動き]
-今日も5時おき。5時半に奥さんドトールへ。
-9時まで実験&商品発送準備してからオフィスへ出勤。今日は自転車。
-マーケティング調査の企画。懸賞サイトを使うことを考えた。
でも多分、懸賞好きな人ばかりが集まるんだろうな。
懸賞マニアってどんな人たちなんだろう?
彼女達の意見は果たして参考になるのかな?
-M銀行に行く。
-夕飯を作る。今日は「秋の和風シチュー」。
ごぼう、レンコン、サトイモ、たまねぎ、きのこチャン、紅ザケ、ホワイトソース
# by sugitacp | 2005-11-07 12:48 | スキンケア講座 | Comments(0)
ねこが邪魔!
さっきから猫のちくわ君が邪魔してはかどらない。
遊んで欲しいそうです。

竹ざおの先に釣り糸をつけ、その先に小さなねずみがついているおもちゃが
奴のお気に入りです。

遊んでやると狂ったように追いかけ回す。
本当に楽しそうですが付き合いきれないので、しばらくほっておくと、
「遊ぼうよー」、とすぐにPCのキーボードの上を歩き回って邪魔をする。
だから又遊んでやる。

これで5回目。
かわいいので、おこるわけにも行かず、困ります。
# by sugitacp | 2005-10-06 23:03 | ちくわ (うちの猫) | Comments(0)
ギリシャ選手団随行員ボランティアの記録 (その1)
f0041769_2310246.jpgスペシャルオリンピックス冬季世界大会というイベントが2005年3月に長野で開催され、私は会社を休んで通訳ボランティアをしました。

2週間のあいだのすばらしい出来事。

そのとき、メモ用紙に書いた日記、なくしそうなので、暇を見てブログに載せてみます。

パラリンピックと言うのは有名ですが、
スペシャルオリンピックスと言うのは知的障害者の為のオリンピックです。

日本ではあまり知られていませんが、欧米ではパラリンピックよりも有名(らしい)。

長野では3番目のオリンピック。

3つのうちで認知度は一番低いかもしれませんが
動員数では最も多く、かなり大規模なイベントになりました。 


縁あって選手団随行員ボランティアに申し込みました。

日常会話程度のスペイン語がちょっとできるので、スペインか中南米チームの
随行員に選ばれると思いきや、なんとギリシャのアルペンスキーチームに任命されました。

ギリシャ語なんて分からないよ!

期間は10日間。
成田空港で出迎えて、長野の選手村まで同行し、競技にも立ち会います。

業務内容は、通訳、スケジュール管理、その他雑用をこなす選手団の秘書業務。
宿泊・食事付きだし、面白そうだからやってみようと思って応募してみたのだけど、
やりがいはあるがかなり大変な業務らしい。

何故やろうと思ったのかもう一度考え直そう。

****おもしろそう****

珍しい体験はおもしろい。
積極的に挑戦する様に日ごろ心がけている。
東京都の林業実習コースを受講したり、ゴミ処理工場を見学したり、映画を撮ってもらったり、しかも起業をしようと、現在準備している。

珍しい体験により人生が楽しくなっている。

選手団の随行員なんて滅多に出来るものではない。
しかも知的障害者と来たものだ。
どんな奴らなのだろう。

10年前にTVで聞いて忘れられないエピソード。
森永砒素ミルク事件で知的障害者となってしまったA君。
毎日公園に遊びに行くが、いじめられて泣かされて帰ってくる。

彼は三つの言葉しかしゃべれない。

母親が何千回も繰り返してようやく教えたのが「かあちゃん」と「まんま」。

あとの一つは「バカ」。

家の者は絶対に口にしない言葉なので、みなに何千回もたくさん言われ
続けて覚えたのでしょうね、との事。

知的障害者は人様にほめられる事、称えられる事が滅多にない。
いつも無視されたり、叱られてばかり。

Special Oypmicsはそういう人でも注目を浴びて自信がつく、数少ない場だそうです。
SOでは一応、金銀銅メダルがあるのだけど、予選落ちがない。
全員が表彰台に上り、金銀銅でない人はリボンをつけてもらえる。
大観衆の前で表彰台に立つことの嬉しさは格別でしょう。

知的障害者の両親達は、時々自分の子供達が社会の厄介物扱いされている様な
気がしてしまうようだ。

でも、このときばかりはいつもは日陰者の子供達がみなの注目を集めている。
しかも思いがけなくこの子のおかげで日本旅行も出来てしまった。

親にとってはとても嬉しい事なのでは。

自分のやりがい以上に、社会的にも意義がある活動だと思う。
# by sugitacp | 2005-03-01 22:12 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)