ねこを飼っていて嫌な事
猫を飼うと言う事は、いい事ばかりじゃございません。
f0041769_22442026.jpg嫌な事もたくさんあります。  
うちの近所で買われている猫たちは、外に出る時はみんな玄関にヒモでつながれています。

放し飼いはいません。

昔と違って、猫エイズとか怖い病気が蔓延しているので、獣医に行くと外で放し飼いしないように指導されるのです。

迷子や喧嘩、車に轢かれる心配が無くていいんだけど、猫の出し入れがとってもめんどくさいです。1日に何度もいちいち首輪をつけてやらないといけないし、出している間は玄関のそばから離れられません。

続きはこちら
# by sugitacp | 2006-02-06 22:15 | ちくわ (うちの猫) | Comments(4)
まめまきの思い出
昨日は近所の護国寺で豆まきがありましたので、 ちょっと顔を出す。

里見幸太郎のほか、お相撲さん、女子プロレスラー、
わけの分からないコスプレ歌手などなど、ゲストの有名人&not-so有名人たち。
そして一般人の年男・年女たちが、いっせいに豆をまく。

群集は大興奮で豆を拾う。

僧侶たちが、プオォォォ~!っと
勢いよく吹き鳴らすホラ貝が、 戦闘本能をさらにかき立てる。

争って豆を奪い合うさまは、まるで公園のハト!

あっという間に終わる。
面白かった。
豆をいっぱい拾って大満足。

     ***

子供のころの切ない出来事を思い出しました。

節分の日に豆まきをしたくて父と約束したのに、
父はぜんぜん帰ってこない。

夜遅くにかなり酔っ払って帰ってきた父。
面倒がって鬼をやってくれないので僕は泣きました。

それを見ていた母は、
「せっかく寝ないで待ってたのにかわいそうじゃないの!」
と父をしかりました。

父は、

「ああー分かった分かった!やればいいんでしょー、やればー!」

「・・・はぁい、鬼だよぉぉ! ほらぁ 豆投げろよ。」
とめんどくさそうに鬼の役をやる。

それをみて、馬鹿らしくなった僕はさらに泣けてきた。
悔し泣きしながら、父ちゃんなんか嫌いだ!と
酔った父に豆を投げつける。

たぶん1年生くらいの時かな?
# by sugitacp | 2006-02-04 20:40 | ちょっと変わった体験 | Comments(1)
ピンチを救われた! (ボトルの仕入れ)
今日、化粧水容器の在庫がほとんど無くなって来た事に気づきました。

いつも取引のある容器メーカーさんに、
「この前の30mlの化粧水容器を300個下さい」、と注文書を送ったら
ごめん、もうその商品は製造を中止しました、と言われてしまう。

       ピーンチ!

かわりに見せられた商品はふたの構造がウチの商品には使えないものでした。
化粧水ボトルで良くあるタイプの、中ぶたに穴があいたもの・・・
f0041769_17452292.jpg

続きはこちら・・・
# by sugitacp | 2006-02-01 22:50 | 業務日誌 | Comments(0)
講座1 「見た目年齢」を上げない方法 ~ 表皮は老化しない
   年を取る事は決して悪い事ではありませんが、
          やっぱり誰だって若く見られたいですよね。


「見た目の年齢」を上げない方法は4つあります。

1) メークで隠す             
2) 整形手術
3) 素肌を健康に保ち劣化を防ぐ   
4) 表情をあかるく

このうち、私の専門は3番目のスキンケア。
これからこの素肌の健康について書いていこうと思いますが、
実は4番目の「表情を明るく」も美しさを保つためにとっても大事な事なんです。
笑顔は、素肌の健康に密接に関係しています。
(もしかしたら、肌よりももっと大事な事かもしれませんね。)

ところで、表皮は老化しない! と言われると多くの方は驚くと思います。
私も最初は驚きましたが、これは事実なんです。

長らくシミ・しわ・たるみは老化のサインだと取られてきましたが、
老化だと思われている症状の多くは「長年受けてきた肌ダメージ」の蓄積によるものであり、
若い人でもダメージを多く受けた人は、見た目年齢が上に見えるし、
逆に年配の人でもダメージを受けてないと、見た目年齢は低く見える。 

・・・という事が90年代の初頭に分かってきました。

ただし、人間の体ですから全く老化しない、というわけには行かず、
新陳代謝の低下による多少の「たるみ」と「くすみ」は仕方が無いものだそうです。

                 ***

私自身は、老化による「たるみ」、というのは悪いものではないと思います。
「たるみ」、というとネガティブな響きですから、「ゆるみ」、とでも言いましょうか。

年月を経て、人の性格が丸くなっていくにつれ、顔のほうもだんだん緩んで来る、
というのは自然の摂理にかなった非常に美しい変化ではないかと思っています。

加齢による表情のゆるみは真皮の新陳代謝が落ちることと、
顔の表皮が長年重力で地面に向かって引っ張られつづけ事によりおきます。
(無重力の宇宙ステーションで生まれ育った人はいくつになっても顔のたるみは一切無いはずです。 多分。)

長年の重力の力は美を生みます。
重力によりたわんだ古い建築物の梁や、老木の枝が美しいように、
年配の方のゆるんだ表情には、若い人には決して勝てない美が宿ると思います。

とはいうものの、
やっぱり嫌なものは嫌! 若く見られたい!

という方のために出来るだけ肌の劣化を食い止める方法をこれから紹介していきますね。
# by sugitacp | 2006-02-01 16:38 | スキンケア講座 | Comments(0)
本日、32歳になりました
今日で32になりました。
大しておめでたくもありませんが、やっぱりちょっとうれしいですね。

たいていの機械なら32年も使い続けたら壊れてしまいます。
自己再生可能な人体という装置の不思議を感じます。

脳みその中にある思考も
日々変化しつづけていることを考えると
我ながら、まことに感心します。

      ***

今日は、僕の誕生日ということで、珍しく外食。
おすしを食べました。

食べ終わって喫茶店に行きました。
席に座って、さあコーヒーを飲もう、と思った矢先に
奥さんに仕事の呼び出しの電話が。

 10分後に取材に来てくれ、との事。

というわけでお誕生会はおひらき。

一人で店に残され、これからの身の振り方を考えてみました。

自分の商品に対しては、そこいら辺の既存の化粧品会社の製品に
絶対負けない!という強い自信があります。

しかし、いかに商品が良くったって売れるかどうかは別な話です。
これで生計を立てていけるかは定かではありません。

お客さんにとってすばらしい商品を作るのは出来ますが、
それで自分が食べていけるかどうかは別問題。

でも、とりあえず、2006年はがんばることにしました。
自分が良いと信じた事を思いっきりやる事に意義があるんだと思います。
一生のうち、そんな時期が一回くらいあってもいいんじゃないでしょうか。
# by sugitacp | 2006-01-26 23:51 | 今日の出来事 | Comments(2)
正月気分を乗り越えて(遅!)
今日は6時くらいにおきました。

おきてすぐ洗濯。
それからおうち実験室で新商品の調合作業。
Excelで調合比率を計算し、それを実際に作ってみる作業。

その後、事務所に出社。
ブログとスキンケア講座の資料作り。

ようやく、正月気分と風邪ムードを乗り越えて仕事モードになってきました(遅!)

早めに帰宅し、夕飯をつくる。

さばの味噌煮
カボチャとささみのサラダ
ごはん
# by sugitacp | 2006-01-24 22:44 | 業務日誌 | Comments(0)
食事当番
我が家の夕飯は昨年末から月代わりの当番制。

今月は僕の食事当番なのですが、

1週間目は帰省のため作る機会なく、
2週間目は連日のように新年会がつづき結局一回位しか作れませんでした
3週間目は二人とも風邪のため食欲がなく、料理らしい料理を食べませんでした。

料理当番は来週しか残ってません。

おもえば今月はひどい1ヶ月でした。
# by sugitacp | 2006-01-22 21:07 | 今日の出来事 | Comments(0)
ホット生姜コーラ
風邪を引いてから、毎日がぶがぶのんでた珈琲を一切のみたいと思わなくなりました。
その代わりに風邪に良いといわれている、梅干いり番茶やホット生姜コーラを飲んでます。

「ホット生姜コーラ」、と聞いて、気持ち悪いと思われるかもしれませんが、
中国では風邪の飲み物として結構普通に飲まれているようですよ。

作り方

おなべに入れたコーラに生姜をおろし入れ、暖めるだけ。
レモンや陳皮(みかんの皮)を入れてもいいらしい。

勇気を出して飲んでみると以外においしい。
むしろ普通の冷たいコーラよりもこっちのほうが好きですね。

こちらの方のブログに詳しい生姜コーラレポートが載ってます。
http://blubianco.seesaa.net/article/2507932.html


今日は玉子酒に初挑戦してみようと思います。
いままでのんだことがなく、想像もつきません。
これからレシピを調べます。 楽しみー。
# by sugitacp | 2006-01-18 16:26 | 今日の出来事 | Comments(0)