<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
山里の節分行事
山村の節分行事を体験。
「あーぼへーぼ」「鬼たたき」「まゆ玉」「米俵」といった節分のお供えを、
となり村、檜原村のお年寄りに教わりながらつくりました。
素朴でかわいらしいお供えものたち。
節分って、豆まきだけじゃないんですねー。
f0041769_18250273.jpg
教えてくださった講師の方も、何十年ぶりかで作ったとのこと。若い人が街に出ていってしまい、こういった風習も廃れてきているみたいです。

作ったお供えの解説。

「あーぼへーぼ」
中央の傘みたいな、たのしい名前のお供えですが、アーボヘーボとは「粟穂稗穂」(あわぼ・ひえぼ)が訛ったもの。
重い穂がしなるくらいの豊作になりますように、という五穀豊穣のおまじない。
竹を熱で曲げて、ヌルデの木の枝を尖らせた竹に刺して作ります。
f0041769_18270151.jpg

f0041769_18391086.jpg

「鬼たたき」
対になった怖い顔がついた魔法の丸太。門の左右に置きます。
鬼がやってくると飛んでいって叩きのめしてくれるそうです。
沖縄のシーサーみたいな感じですね。
f0041769_18290629.jpg
f0041769_18273903.jpg
 

「まゆ玉」
お餅とミカンがつげの木の枝に刺さっています。
和のクリスマスツリーですね。お餅は10日後にゆでて食べます。
f0041769_18410946.jpg

「米俵」
ヌルデの木を短く切って皮をはぎ、米俵に見立てたもの。
「※」マークが書かれています。毎年3つづつ、新しいものに交換していくらしい。豊作祈願。
f0041769_18334445.jpg
木を切ってくるところから、自分の手で作業しながらお飾りをつくると、かけた時間と労力、気持ちの分だけ、念がこもって、すごくご利益がありそう。
根拠はないけど、今年は何かいいことが起きそうな感じがしてきます。
こういった風習はそういう効果があるんでしょうね。
…まいにち寒くて、食べるものも乏しく、気分も冴えないこの季節だからこそ、今年も(今年こそ?)豊作になりますように、しあわせになれますように、と祈ることで、ポジティブな気持ちになれるために。


by sugitacp | 2017-01-29 18:43 | 山里暮らし | Comments(0)
鹿児島旅行に行ってきました
なんと往復9,000円!の航空券が手に入ったので、鹿児島に行ってきました。
あまり下調べせずに行き当たりばったりで、桜島にフェリーで渡ったり、指宿の開聞岳を登り、いろんな温泉に入りました。

外国からの観光客が多いですねー。体感4割外国人。

指宿の開聞岳に登りましたが、とりわけ、雄大な自然の中にあるキッチュなミニ動物園「長崎鼻パーキングガーデン」がおもしろかったです。
f0041769_18055642.jpg
胴長のトラと開聞岳

f0041769_18060288.jpg
アヒル君
f0041769_18060463.jpg
富士山のような美しい火山、開聞岳
f0041769_18055858.jpg
桜島。ここ1年ほど煙が出ない異例な状態なんですって。
安心なような、怖いような。




by sugitacp | 2017-01-29 18:21 | その他 出張 | Comments(0)
お茶の実の化粧品
お茶畑の管理に行きました。
お茶の実の油は、ツバキ油に似た組成ですが、サポニンと言う界面活性成分が多いので、食用には向かない。
でも乳液の原料として有望かもしれないかもと気づき、今まで捨ててたのを大事に集めてます。
f0041769_17591721.jpg

さらにお茶の花は、たいそういい匂いなので、蒸留して香気成分を取ってみようと思い、こちらも集めてます。
この時期に山歩きしていて、とっさにいい匂いがしてると、だいたい、野生の茶の木。若芽をちぎって噛むと、カフェインとタンニンが強烈にガツンときて美味しい。
f0041769_17580343.jpg

by sugitacp | 2017-01-20 18:00 | 業務日誌 | Comments(0)