<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
東京でのお仕事
久しぶりに都心です。
ニューオータニで用事があったので懐かしい赤坂見附で降りる。
すると弁慶堀のボート乗り場!
f0041769_1603213.jpg

会社員だった頃、営業のおじさんとサボってボートに乗りにきたことがあったな〜。
当時は如何にサボるか、ばかり考えてたな。
自ずと、生産性が上がるので悪いことじゃないとおもうんですが。

f0041769_1603620.jpg
待ち合わせまで時間があったので会社員時代に憧れだったおさぼりスポット、ニューオータニの喫茶室に行ってみました。

当時は若すぎたし、コーヒー1000円以上ってことで、敷居が高いと思ってた。

確かに値段は高かったけど、ポットで2杯分いれてくれるし、静かで雰囲気良くて長居できるし、実は意外にお得かもしれません。

仕事もはかどりました。


f0041769_1603849.jpg
夜は、代官山のコスメキッチンのリニューアルパーティに誘われました。

近々、フルフリではない別な新ブランドの立ち上げの仕事で商談に行く予定があるんで、
話のタネ&あいさつがてら、とおもって行ってみましたが、、、おしゃれピープル満載!、、、ものの5分でおしゃれオーラにぐったり疲れて、その場を去り、連れと一緒にビール飲みに行きました(笑)

こんなんで大丈夫かなぁ。
by sugitacp | 2014-04-25 16:14 | 業務日誌 | Comments(0)
動物の終末医療
先日、喫茶店で、隣席にいた獣医さんとその友人が、患者の看取り方について話し合っていました。
面白かったので、つい聞き耳立てちゃいました。

その獣医さんの動物病院では、もうダメだなとおもう犬猫の飼主さんには、おうちでできるケア方法を教えているのだそうです。

以前は、入院させて延命治療をしていたそうですが、最近はおすすめしないことにしたそうです。
動物だと保険が効かないので、たいそう高額になるし、飼い主も通うのが大変だし、そもそも患者の犬猫もきっと自宅で死にたいだろうな、と。

病院で診るかわりに、飼い主に鍼灸マッサージやら、最低限の緩和ケアを教えて家でやらせるのだそうです。

そうすると、思わぬ効果がありました。

ペットがなくなった時の悲しみが、だいぶやわらぐのだそうです。
最後に、自分の手で一生懸命ケアをした、自宅で看取った、精一杯のことをしてあげた、という実感を得られるのが良いようです。
もちろん、なくなった犬猫にとっても慣れ親しんだ家で、家族の世話を受けながら最期を迎えるのは幸せなことではないでしょうか。

人間でも、こういう事をやってくれる病院があれば、いいのにねー、と2人は話しあっていました。

同感です。
by sugitacp | 2014-04-22 15:41 | 今日の出来事 | Comments(0)