<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
無題
f0041769_179863.jpg

by sugitacp | 2009-10-29 17:09 | 今日の出来事 | Comments(2)
狂犬病の犬を食べる話
先日のカンボジア出張中での、ショッキングな出来事。

私が到着する前日。
現地での滞在先、クルクメさんの敷地が、狂犬病に侵された野犬におそわれたそうです!
日本では、何年も前に撲滅された狂犬病は、カンボジアではまだ健在。

大変!!

つづきを読む・・・・・
by sugitacp | 2009-10-29 12:27 | カンボジア出張 | Comments(0)
にくきゅう
f0041769_19385348.jpg

肉球です。

今やきれいな足をしてますが、
前の家は和風な家だったので、逃げやすく、ちくわもしょっちゅう、窓を破って脱走して足がよごれてました。

足に泥。 → 
脱走の証拠写真

by sugitacp | 2009-10-20 19:38 | ちくわ (うちの猫) | Comments(2)
みかんプロジェクトでイモが採れました
芽が出てしまい食べられなくなったサツマイモをミカン園にうえたら、芋が沢山できました。
ミカンの方もまだ緑色ですが、もう甘くなってきましたよ!

f0041769_2135646.jpg
f0041769_2135618.jpg


8月にたったひとつ植えたしなびたサツマイモ。
新鮮なイモが5倍にふえて帰ってきました!

2か月半で5倍って凄い。銀行預金するのがアホらしい利回りですね!

みんな投資や預金なんかやめてイモを植えたらどう?
by sugitacp | 2009-10-17 21:03 | 今日の出来事 | Comments(2)
「日本語お上手ですね!」とほめられた。

カンボジア帰り、台北経由のフライトで隣に座った若い日本人女性。


スチュワーデスさんを呼び止めて、

日本語で「毛布をください」
といいました。


寒いの苦手な私も、
日本語で「わたしにも毛布をください」
といいました。


2人でもらったおそろいの毛布を、並んでもぞもぞと足に巻きつけてると、
女性が私に話しかけます。


女性: 「日本語お上手ですね!」

すぎ: 「ええ、日本人ですから。」

女性: 「すごーい! 日本国籍もとられたのですね?!」

すぎ: 「いえ、フツーに日本で生まれたんで日本人なんですよ。」

女性: 「そうなんだー! ご両親のどちらかが日本人なんですね。 ふーん。」



そこで納得するなよー、っておもいました。
なかなか分かってもらえなくて大変でした。


別に日に焼けたわけではないのに、
なぜかアジアから帰るときは、あちらの人と間違えられます。
行くときはそんなことは無いのに。
滞在中に顔つきとか雰囲気が変わるのかな?


いろいろお話していて、年齢を聞かれました。

すぎ: 「35です。」

女性: 「えー! てっきり私と同じくらいかと思ってた! 35には全然見えないですよ!」


参考までに、彼女の年を聞いたら教えてくれませんでした。
ずるい!


でも、、、、 ありがとう。。。


    ****

ところで、中国語で、
若い女性に呼びかけるときは、
小姐(シャオチエ)っていいます。

「お姉さん」、みたいな意味ですが、ウェイトレスさんなどにも小姐(シャオチエ)って呼びかけます。

で、最近学んだ面白い中国語。


    「空中小姐」



何のことか分かりますか?


スチュワーデスさんのことだそうです。

 空飛ぶお姉さんだから、空中小姐なんですね!
by sugitacp | 2009-10-15 18:44 | カンボジア出張 | Comments(5)
ちくわ

f0041769_18272085.jpg台北の串焼き屋台で、串にさしたちくわを目撃。
台湾でもちくわたべるんだね! 国際食だ。

で、こちらの写真は猫のちくわ。
たべられません。
by sugitacp | 2009-10-14 18:27 | ちくわ (うちの猫) | Comments(0)
無事に帰国しました
f0041769_20373681.jpg(この、柿の人は台北の空港にいた人です。)

さっき成田空港につきました。
15日間も日本を留守にしていると、久しぶりの日本はよく知ってるくせに妙によそよそしく、なんだか水くさく何故か恥ずかしい感じがします。

「故国にようこそ、おかえりなさい!」という歓迎感がその場では感じられない。
あとで、じわじわ、何日かたってから、感慨深いものがある。きっと、そういう国なんでしょう、日本は。

税関でカバンあけらなくてラッキーでした。

へんな物は持ち込んでないが、大人なのに他人にカバンをあけられるのは気分のいいものではないですからね。

犬にもくんくんされなくてよかった。。。
by sugitacp | 2009-10-10 20:37 | カンボジア出張 | Comments(0)
滞在先のおやしき?について
カンボジアにいる間は、こんなステキなおうちに滞在してます。
帰国後のギャップに苦しむとおもいます。

広大な敷地には、畑や果樹園、魚のいる池があります。
f0041769_19273019.jpg

アヒル小屋には7羽のアヒルちゃんたちがいます。
ちゃんと人の見分けが付くみたいで、世話をしてくれてる庭師のおじさんには付いて回るくせに、私のことは警戒して全然なついてくれなくてちょっと悲しい。。。


やたら人なつっこいジャーマンシェパードもいます。
f0041769_1932210.jpg

毎日、敷地内を走り回って、一日5回は池に飛び込んで泳ぎ回り、アヒルを追いかけたりしてたっぷり遊んでます。
しかもスタッフみんなにかわいがってもらえて、
犬として生まれてきて、こんなに幸せなことはないんじゃないかってくらい楽しそうです。

これで、6ヶ月の仔犬だというからびっくり!

いたずらがすぎて怒られると、キューンっと小さく鳴いて、すねたように、その場にゴロンとふてねみたいに寝そべるのが可愛くて面白い。
からだは大きいのに子どもみたい(っていうか子供なんですが)。


f0041769_19371257.jpg

わたしがとめてもらっているのは、一番奥の一番立派な家。

私の妄想の中の、プランテーションの旦那様が住んでるような身分不相応な家で、最初はちょっとどきどきしましたが、人間すぐに環境に慣れるもので、今ではすっかりふてぶてしく、我が物顔でくつろいでいます。
f0041769_1938521.jpg

従業員たちも、古民家を手なおししたこざっぱりとした素敵な家にすんでます。
マルグリット・デュラスの小説に出てきそうなかんじです。

敷地の裏には一面水田が広がり、2階のバルコニーからの眺めていると時を忘れます。
f0041769_19402939.jpg


お昼は、お料理当番の女の子が作ってくれたおいしいカンボジア料理を、テーブルまで運んでくれます。
f0041769_19421957.jpg

池の真ん中の涼しいあずまやで、みんなでいただきます。

食事が終わればもちろん昼寝。
f0041769_19442776.jpg



でも、いいところばかりじゃないんです。

断水や停電はしょっちゅうだし、シャワーのお湯はほとんど出ないし、雨が降れば水浸しだし、ヒキガエルやイモリは勝手に家の中に入ってくるし、庭にはへびやサソリはでるし。

やっぱり、ここでの生活を維持するのはたいへんだと思います。
by sugitacp | 2009-10-06 19:32 | カンボジア出張 | Comments(0)
洪水の夜。家の玄関で魚すくい。
あと3cmで床上浸水!な夜。

敷地内にはいくつか池があるのですが、どこが池か地面か分からない、
一面、泥の海になってしまいました。

夜になってまた水位が上がりました、
池の水面よりも、50cmくらい高いところに洪水の水位があるのをいい事に、
お魚さんたちが、庭中に逃げ出して、我が物顔に散歩をしはじめました。

ちょっと不安でしたが、玄関で魚&エビすくいをしました。

続き: つかまえた!!
by sugitacp | 2009-10-03 18:26 | カンボジア出張 | Comments(0)
カンボジアに着きました
カンボジアの農園に到着して2日目。

目的は、現地で活動中の若い社会企業家を化粧品のマーケティングの側面から支援すること。
カンボジア出張します


夜半から嵐。
雷と大雨を子守唄に熟睡。

そしたら今朝。
目が覚めたらびっくり。庭が無い!

f0041769_20294296.jpg

なんと!カンボジア観測史上最大!の台風到来で、洪水になりました。

あと3cmで床上浸水!

水がついたら壊れてしまう機械類を上にあげる作業など、洪水対策しつつも、商品発売に向けての作業続行。
製造設備のアドバイスなどを行いました。
庭にはあひるや魚が泳いでます。

洗濯機をあげる作業の途中で、ヘビとサソリが避難して逃げて来てる事を発見!
f0041769_2032586.jpg



サソリですよ!サソリ!
f0041769_20333165.jpg


ヘビはびっくりして泳いで逃げたようでしたが、サソリはそのまま。

カンボジア人のおじさんにサソリがいるよ、というと、

「おおおうーぅ! デンジャラス、デンジャラス!」

とのことですが、気にせず作業続行。

我々外人が、怖い怖いってさわぐもので、うるさいと思ったのか、流れてきた流木を引っつかんでバシバシ頭をつぶす!

サソリはそのまま、足元の水底に沈んで、おじさんは平気な顔してましたが、はだしの人もいるんで、踏んだらたいへん!とおもい、私は水底から頭をつぶされたサソリを板切れで拾い上げました。

頭の無いサソリは、毒針のある尻尾だけが生きていて、見えない敵を襲うように、シュッ!シュ!と尻尾を突き立てています。

怖いー!

映画「エイリアン」にでてくるエイリアンの幼虫そっくり。
隣の田んぼにポイッと投げ捨てました。

いやはや。
by sugitacp | 2009-10-01 12:11 | カンボジア出張 | Comments(0)