<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
出張からの帰りみち
f0041769_15532841.jpgこれは富士川。
経費節減でこだま号で東京に帰る途中です。前回はケチって長距離夜行バスに乗ったけど、30過ぎると夜行バスは体力的につらいよ。

やっぱり地方は住みやすくていいなあ、とつくづく思う。早いところ、仕事を軌道に乗せて「都落ち」するのが目標です。
by sugitacp | 2006-08-24 15:53 | 業務日誌 | Comments(0)
引っ越します
f0041769_18434910.jpg来月引っ越します。

夫婦共に自営業になり、家で仕事する事も多いため、今の小さな家では手狭になってきたので、ちょっと大きめな家に引っ越す事になりました。

長年親しんだ巣鴨・大塚エリアを離れ、
東京都北区十条に引っ越します。

新居は築45年のかなり古い物件。
外見がお化け屋敷・・・まではいきませんがかなり古びてます。

家賃はほとんどおなじでも、
だいぶ広くなります。

ちくわをかわいがってくれるご近所さんとのお別れが、ちょっと辛い。
ちくわも近所の猫友達とお別れです。

PS:事務所は以前と同じく、千代田区神田でかわりありません。
by sugitacp | 2006-08-17 18:41 | ちょっと変わった体験 | Comments(3)
PNWJ ピース・ノット・ウォー・ジャパンのCDを出します
私がやっているボランティア活動の紹介。

PNWJ(Peace Not War Japan ピース・ノット・ウォー・ジャパン)という
平和団体に関わっています。

f0041769_1748333.jpgここから、一年間の活動の結集である、コンピレーションCDが発売されます。(写真)
東京の渋谷、新宿、池袋などでHMVやタワーレコードで購入できます。

Peace Not Warは音楽を通じて戦争や平和について考えよう、というイギリス発祥の団体。

イギリス人で単身で来日し、この活動を日本で立ち上げようとしていた、ドム・ペイツさんという男性と昨年知り合って、意気投合し、参加しました。
(こんど、PNWJの記事が東京の英語フリーペーパー、Metropolisにでるらしいですが、
写真撮ったときにたまたま、カメラのまん前に座ってた私の写真がのるそうです。)

私は、祖父母の強烈な戦争体験の話しにも影響され、
以前から戦争と平和についてよく考えていました。

また、イラク戦争の時に自分が何もしなかったとの反省
(何もアクションをとらないのは、戦争に賛成しているのと同じ。)
から、せめてもの罪滅ぼしとこの運動に参加する事にしました。

具体的に何をするかと言うと、さまざまなミュージシャンさんに曲を協賛してもらい、
コンピレーション・アルバムを作って、販売し、利益は全額、平和団体に寄付すると言う活動。

ちょうど、会社を辞めて起業した矢先だったので、多忙で睡眠不足になったり、
人間関係のもつれがあったりして大変でしたがようやく発売にこぎつけました。
感無量です。

最初は、誰でも知っているような、かなり有名なアーティストさんたちの
賛同を得られていたのですが、版権をもつ音楽業界の理解が得られずに、
結局は収録させてもらえませんでした。

やっぱり、こういうことに関する日本とイギリスの温度差を感じざるを得ません。

でも、どちらかと言うとあまり有名でないとはいっても、
収録された楽曲はなかなかすばらしいです。

音楽において、メジャーなのとメジャーでない事の違いとは何か?
要するに商業的か否か、のことかな?
といろいろと考えさせられました。
by sugitacp | 2006-08-09 17:51 | ちょっと変わった体験 | Comments(2)
北海道 自転車キャンプ (虫除けスプレーテストしました)
北海道自転車キャンプ旅行から帰ってきました。
行ってきたのはただ一箇所。
釧路から40km海岸沿いを走り、さらに20km内陸に入ったところにある
音別町霧里(おんべつちょう・むり)という小さな集落にある
廃校になった小さな分校をそのまま生かしたステキなキャンプ場。
おとなの山村留学です。
f0041769_1149835.jpg
(中央の青い小さな物が僕のテント。その横の細いものが薪ストーブの煙突。)

自転車で行くため、荷物は最小限に絞りました。

一番近いお店が20kmも離れているため、
町まで買出しに行かなくても済む様に用意した
10日分の食料が一番の荷物。

軽量化のため、主に米と乾物、少しの野菜、
あとは現地調達する山菜や釣った魚でのメニュー作り。

初めてのキャンプで、最初はちょっと不安でしたが、
いざやってみると結構、どうにかなるものです。

イワナやヤマメが良く釣れるし、巨大なフキもそこいら辺に自生しているし、
薪ストーブでの調理にもすぐに慣れ、食料計画は大成功。

キャンプ場オーナー夫妻の運営方針で、本当に何にもないキャンプ場
多少の不便(これが実はたのしい)とひきかえに、
昼は美しい自然、夜は闇と満天の星空が楽しめます。

現代社会は確かに快適で便利なのですが、
もしかしたら、知らぬ間に、人間らしい生活のたのしみを奪う事も
あるのかも、と感じました。

いろいろと考えさせられる10日間でした。

冬は雪景色がすばらしく、スキー(クロスカントリー)ができるそうなので、
今度は冬に行きたいと思います。
 
      ***
  
で、かんじんの虫除けですが、スプレーにした試作品をVer1、Ver2ともにもっていきました。
シトラス虫除けスプレー

右手と左手にそれぞれシュッシュしてから、腕まくりをして、フキ採りに出かけました。
虫は一応、よってはくるのですが、みごと刺されませんでしたね!

Ver1、Ver2、どちらでも効果は同じでした。
ただし、北海道の蚊は内地の蚊に比べてバカだ、と聞きました。
たしかに動きもにぶいし、すぐにたたけちゃうんですね。

内地でも試してみないとダメですね~。

ただし、とってもいい香りがしちゃうので、ハチやクマがくるかもしれないぞ!
と地元の方に言われたので、残念ながら使用をやめました。

到着してから3日目に、キャンプ場のウラの山で銃声が響きました。
クマが射殺されたそうです。

ハチやクマがいない都会で使う分には良いと思いますよ!
by sugitacp | 2006-08-01 11:43 | ちょっと変わった体験 | Comments(6)