カテゴリ:ちょっと変わった体験( 53 )
早起きは三文の得
今年の2月から毎週水曜日の早朝、東大に通っています。
f0041769_20444656.jpg
東大の卒業生と学生さんたちが主催している
早起きの会「
三文会 」に参加しています。

理由は早起きしたいから。

早めに到着してキャンパス内を散歩すると気持ちがいいです。

東大正門前に7時半に集合し、
持ち回りで、それぞれ興味あることや
得意分野について発表します。

次回は、私の番。
「化粧品会社社長が教える肌年齢キープ術」
という超うさんくさいタイトルです。

皆さん、地域医療とか農業政策とか、
ご立派な話なのに自分だけこんなネタで良いの?
と思いましたが、こんなんでいいそうです。

外部の方も参加OKなので、
早起きに興味ある方はどうぞ。
三文会

終了後は、東大正門前から徒歩1分のところに住んでいる
祖母の家を訪ねることにしています。

「東大なんて入るのカンタンよ。」
と祖母はいいます。

「ふつうに正門から入ってきゃいいのよ」
などと、軽くおしゃべりしてから仕事に行きます。


早起きは、ばあちゃん孝行とお勉強をかねて、三文以上、おトクです。


ちなみに「三文」って、今のお金でいくらなのか、調べてみました。
30円だそうです。

大したことないなぁ。
by sugitacp | 2008-06-25 06:34 | ちょっと変わった体験 | Comments(2)
新潟県の妙高を訪問: 痛恨の3日間
先日、幼稚園を訪問したメンバーのうちのひとりの実家がある、
新潟県の妙高市の知人宅を皆で訪問しました。

冬は積雪2m。いまだに雪が残っています。
山ではシーズン最後のスキー大会が開かれている、というから驚き。

向いの空き地に山菜とりに連れて行ってもらいました。
フキノトウがぼこぼこ生えているのは壮観です。

これはつくし。ちょと成長しすぎ。
f0041769_14463677.jpg


この後に待ち構えている悲劇には、まだ気づいていません。

つづきはこちら・・・・
by sugitacp | 2008-05-08 14:26 | ちょっと変わった体験 | Comments(2)
幼稚園を訪問する
先日、屋上農園プロジェクトの一環で、オフィスの近くの幼稚園を訪問。

都会の幼稚園児はなかなか土に触れる機会もないだろう、
ということで我々と一緒に種まきから収穫まで体験します。

園児のお絵かきと種まきのお手伝いをするという事で行ったのですが、
お手伝い役の大人たちの人数は足りてたらしい。

自分だけクレヨンと画用紙を渡され、
園児らと一緒に床にはいつくばって絵を描くことに。
f0041769_15231535.jpg


 ↓ ↓

じょうずにかけたかな~?
by sugitacp | 2008-05-01 15:30 | ちょっと変わった体験 | Comments(2)
不思議な夢
黒い馬に乗ってみどりの山の中を自由に駆け回る夢を見ました。

その美しくかしこい馬が犬のようにものすごくなついていて、
本当に心が通い合っている。
大変いとおしく思われて、本当に幸福感いっぱいのゆめでした。

目が覚めても、一日に何度もフラッシュバックのように
そのときの情景が脳裏に浮かんできて、あの世界にまた戻りたいなと、
切に願ってしまいます。

5年に一回くらい、こういう不思議な夢を見ます。
しつこく覚えていて、忘れられない。

いつもは下らない現実的な夢(仕事の夢とか)ばかりなので、
たまにこういうのを見ると嬉しい。

      ***

ぜんぜん関係ないけど、近所のリサイクルショップで、「ジョーバ」(もしくはその類似品)が一万円前後で何台も並んでます。ブームは去ったのですね。
by sugitacp | 2008-03-03 22:53 | ちょっと変わった体験 | Comments(1)
下宿人がいます
先週から来週までドイツのお客さんがうちに来てます。

建築やデザインに関する記事をドイツの雑誌や新聞に書いているジャーナリストのパウル君。
学校の友人が結婚した相手で、10年来のお友達です。

お互い忙しいので、すれ違いが続いていますが、今日は朝早く起きて築地の魚市場を見学に行きました。東京に住んでいてもこういう機会がないとなかなか行かないところですね。

市場に足を踏み入れると別世界!
こんなにたくさんのお魚と魚屋さんを見たのは生まれて初めてです。

社会見学ってたのしい!

       ***

f0041769_182744100.jpgついでに「中銀カプセルタワー」も見に行きました。
世界的に有名な70年代、そして日本を代表する建築ですが、老朽化を理由に取り壊す予定だそうです。もったいないねぇと嘆くパウル君。

外国では(もちろん日本の建築、デザイン界でも)保存を求める声が上がっていますが、じゃあ誰が保存にかかるお金を出すの?というところで話が止まってしまっているよう。
歴史的建造物にあまりこだわらない日本人の特性ですね。
まあ、そのいさぎよさが良いのかもしれませんが・・・
by sugitacp | 2007-05-16 18:24 | ちょっと変わった体験 | Comments(1)
幽霊&恐怖体験
私は、思春期から二十歳くらいまでの頃はちょっと多感な青年で、
神秘的な体験をよくしました。

寝入りばなには必ず、ガヤガヤと何人かの人が話しこむ声が聞こえたものです。
でも毎晩の事なので特に怖くはなかったですね。

いち番すごいのは、夏の夜に友人宅に泊まった時。
金縛りと胸苦しさで目覚めると、胸の上に女の人が座っていて、
『淋しいよぅ…』とメソメソ泣くのです。

仕方ないから、よく分からないけど
『そうかそうか、かわいそうだね』、などと適当になだめてあの世(?)に帰ってもらいました。
このときも、泣かれて困っちゃうなぁというくらいで、怖くはなかったですね。

恐怖体験のつづきはこちら・・・
by sugitacp | 2007-04-23 21:24 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
ギリシャ選手団随行員 同窓会
f0041769_22494953.jpgスペシャルオリンピックス冬季世界大会というイベントが2005年3月に長野で開催されました。

オリンピック、パラリンピック、につづき長野では3回目のオリンピックです。

私は当時会社員だったんですが、10日間休暇をとって通訳ボランティアとして参加しました。

担当はギリシャのスキーチーム。
詳しくはこちら
  →  ギリシャ選手団随行員ボランティアの記録 

このミッフィーちゃんは、大会のシンボルマーク。
かわいいでしょう!

英語はあまり通じなく、ましてやギリシャ語なんて全然分からない。
超マイペースなギリシャ人達と、最初は文化のギャップにかなり戸惑いましたが、
それでも最後には打ち解けることができました。

で、そのとき一緒に苦楽を共にした随行員ボランティアたち、
7人との「同窓会」が、長野で開催されました。

長野在住のメンバーの案内で戸隠でバーベキュー、
温泉、ハイキングの楽しい週末を過ごしました。
by sugitacp | 2006-10-23 22:49 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
お隣のバングラデシュのお店
今日は、バングラデシュに留学経験のあるお友達が遊びに来たので、
一緒に、隣のバングラデシュ食材店に遊びに行ってみました。

ベンガル語(バングラデシュの言葉)を流暢にしゃべれる日本人は
非常に珍しいので、お店の人は大喜び。
チャイやらお菓子、コーヒーでもてなしてもらいました。

ちょっと店をみてから帰ろうと思ってたのですが、
話しに花が咲き、結局2時間近くいてしまいました。

友人が通訳してくれたので、詳しい話もきけて良かった。

ちょっとした海外旅行気分でとても面白かったです。
ベンガル語を学ぶには非常に恵まれた環境。
ちょっと習ってみようかな、と思いました。

英語や日本語の勉強をしたいから、時々遊びに来てください、とのこと。
今度息抜きに、お茶をよばれにいってみようかな。

そのお店のホームページ。 → 「チューリップ・インターナショナル
冷凍の肉が安い! 
by sugitacp | 2006-10-09 19:47 | ちょっと変わった体験 | Comments(1)
引っ越します
f0041769_18434910.jpg来月引っ越します。

夫婦共に自営業になり、家で仕事する事も多いため、今の小さな家では手狭になってきたので、ちょっと大きめな家に引っ越す事になりました。

長年親しんだ巣鴨・大塚エリアを離れ、
東京都北区十条に引っ越します。

新居は築45年のかなり古い物件。
外見がお化け屋敷・・・まではいきませんがかなり古びてます。

家賃はほとんどおなじでも、
だいぶ広くなります。

ちくわをかわいがってくれるご近所さんとのお別れが、ちょっと辛い。
ちくわも近所の猫友達とお別れです。

PS:事務所は以前と同じく、千代田区神田でかわりありません。
by sugitacp | 2006-08-17 18:41 | ちょっと変わった体験 | Comments(3)
PNWJ ピース・ノット・ウォー・ジャパンのCDを出します
私がやっているボランティア活動の紹介。

PNWJ(Peace Not War Japan ピース・ノット・ウォー・ジャパン)という
平和団体に関わっています。

f0041769_1748333.jpgここから、一年間の活動の結集である、コンピレーションCDが発売されます。(写真)
東京の渋谷、新宿、池袋などでHMVやタワーレコードで購入できます。

Peace Not Warは音楽を通じて戦争や平和について考えよう、というイギリス発祥の団体。

イギリス人で単身で来日し、この活動を日本で立ち上げようとしていた、ドム・ペイツさんという男性と昨年知り合って、意気投合し、参加しました。
(こんど、PNWJの記事が東京の英語フリーペーパー、Metropolisにでるらしいですが、
写真撮ったときにたまたま、カメラのまん前に座ってた私の写真がのるそうです。)

私は、祖父母の強烈な戦争体験の話しにも影響され、
以前から戦争と平和についてよく考えていました。

また、イラク戦争の時に自分が何もしなかったとの反省
(何もアクションをとらないのは、戦争に賛成しているのと同じ。)
から、せめてもの罪滅ぼしとこの運動に参加する事にしました。

具体的に何をするかと言うと、さまざまなミュージシャンさんに曲を協賛してもらい、
コンピレーション・アルバムを作って、販売し、利益は全額、平和団体に寄付すると言う活動。

ちょうど、会社を辞めて起業した矢先だったので、多忙で睡眠不足になったり、
人間関係のもつれがあったりして大変でしたがようやく発売にこぎつけました。
感無量です。

最初は、誰でも知っているような、かなり有名なアーティストさんたちの
賛同を得られていたのですが、版権をもつ音楽業界の理解が得られずに、
結局は収録させてもらえませんでした。

やっぱり、こういうことに関する日本とイギリスの温度差を感じざるを得ません。

でも、どちらかと言うとあまり有名でないとはいっても、
収録された楽曲はなかなかすばらしいです。

音楽において、メジャーなのとメジャーでない事の違いとは何か?
要するに商業的か否か、のことかな?
といろいろと考えさせられました。
by sugitacp | 2006-08-09 17:51 | ちょっと変わった体験 | Comments(2)