カテゴリ:ちょっと変わった体験( 53 )
雑誌にでました。
2月にマガジンハウスの雑誌クウネルさんに取材されました。

f0041769_18101145.jpg今でている号に掲載されています。
クウネル 61号: 詩とサンドウイッチ

朝の日課特集、っということで、早朝から爽やかに、うら山で太極拳をしたり、小鳥にえさをやったり、という健康的なさわやかな人として出ております。

取材は2月でも、春にでる号なので上着を脱いで寒空の下でがんばったら、見事風邪を引きました(笑)。

取材中の出来事。
取材の方々と一緒に山を登ったら、携帯電話をなくして一人で途方にくれているおじいさんがいました。

電話をかけて鳴らしてあげたらいいじゃない、っという事に気づいてかけてみたら、近くの藪の中からかすかに着信音が聞こえて、意外にすぐに見つかり、ああよかったねーっと言うハプニングがあったりして、なかなか面白い経験でしたよ。

藪の中でまったく目立たない、濃い緑色の携帯でした。
山に行く人はカーキ色やグリーン、迷彩柄の物は買ったらだめです。
なくしたら絶対に見つかりません。
by sugitacp | 2013-04-16 18:16 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
業界最萌マシンを発見
隣村へ花火大会を見に行ったときの事。
駐車場で巨大な黒い改造バイクを発見。全長4m位はある。

と思いきや、近寄ってみるとそれは自転車!
f0041769_22424245.jpg

(クリックすると拡大できます)

やはりこの巨大な車体を動かすのに人力だけではムリなんだろう。
よく見ると、電動アシスト自転車でした。

ひと言で言うと、自転車を段ボール等でデコったものだが、一応、動力がついてるから、マシンと呼ぼう。

f0041769_2244448.jpgよくみると、パーツをガムテープ留めしたりしてて、アイデア先行で仕事がちょっと雑で低予算なところがご愛嬌。

フロントガラス?には「業界最萌」とかいてある。
何業界なんだろう。

そしてその下には、「痛」の文字が。
確かに。ちょっと痛い。


f0041769_22482883.jpg
しかし、気を取り直して、よくよく見ると、座席の後ろにクーラーボックスがあったり、不意の雨に備えてビニール傘が装備されていたり、信号待ちの間に涼をとるうちわが差さっていたりと、なかなかの充実オプションぶり。
カーナビや携帯充電器もついてるみたい。

車体の横にかいてある「氷結娘 SUBARA ZX」が、このマシンの名前らしい。
車体の後尾には「クド出没注意」とだじゃれみたいな事が書いてある。オーナーさんはクドさん?

謎の多い、この漆黒のマシン。
自転車置き場ではなく、一応、駐車場に止めてあったので、やはりこれはマシンと呼ぶに値する代物なんだろう。

バイクだと道路交通法上、実現できない様な改造ができたという点で、ベース車両を自転車にしたのは正しい選択だったと思いますが、せっかくここまで作るんなら、もうちょっとガムテープが目立たないように工作してほしかったな。

あと、せっかくなのでハンドルとシートも標準装備の物でなく、カスタマイズしてほしかったなとおもいました。

これだけ目立つマシンですから、きっと路上で見かけた人もいるはず。情報求む。
by sugitacp | 2012-08-29 13:48 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
反原発デモに行ってみた
毎週金曜日に首相官邸前でやっている、反原発デモに行ってみました。
f0041769_2222839.jpg


ものすごくたくさんの人が来ている。
警察の意見で2万人、主催者の意見で15万人とかかけ離れてるそうだが、とにかくたくさん。
安保闘争以来の動員数らしい。
世事に無関心な現代日本人にしては珍しい。

日本人がスポーツ観戦や花見&花火以外で、これほど熱心に集まる姿を見たことがないので、非常にびっくりしました。
皆、よほど、むかついてるのでしょうね。

大衆の怒りと不満が、国を動かす人たちに伝わるといいなと思いました。



わかったこと

・毎週金曜日、午後6時から8時まで開催
・主要なメディアでは、こういうデモをやっていることはほとんど報道されてないらしい。
・野田首相は、デモ隊に官邸を包囲されているせいで金曜日の夜に自由に飲みに行けなくて困っているらしい。
・一番の最寄り駅の国会議事堂前駅はデモ参加者で混雑してなかなか、首相官邸前の本隊に合流できない。霞ヶ関駅が狙い目。
私も、あまりの人の数で首相官邸までたどり着くことはできませんでした。

・基本、反原発の人しかいない。反原発以外の声を上げにくい雰囲気。
・子連れでもOKな子供スペースがあった。
・老若男女、様々な人々。
・私服警官、普通の警官がたくさんいるが、意外に親切。個人的に反原発な警官もかなりいるとみた。
・トイレに行きたいときは、自分はデモ参加者じゃなくて単に駅に行って家に帰りたいんだ、とお巡りさんにいうと、「ああ、そうですか、お疲れさまでした。お気をつけて。」とバリケードを通してくれる。
・離島の領有権関連のデモがいなかったのが意外。きっと日をずらしてるのでしょうか。
by sugitacp | 2012-08-28 22:11 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
日食みえた!
友達を呼んでベランダで日食をみました。
f0041769_1740235.jpg

あやしい。
f0041769_17381761.jpg

f0041769_1738171.jpg


天気が心配でしたが、結果として綺麗に見ることが出来て大満足。
肉眼で見ちゃいけないと言われてるにも関わらず、チラ見しましたが、今のところ別に何ともないなあ。

私らがベランダで盛上がってるのに、したの道を子ども達が冷静に登校していく姿を見て、びっくり。
おうちによって温度差があるのかな?

自分が、小学生だったら、前の夜からドキドキして寝られない(そして、朝に熱を出す)くらいの盛り上がりだろうに。
by sugitacp | 2012-05-23 17:47 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
激流に翻弄される巨大クワガタ虫
f0041769_105199.jpg週末の午後。一仕事終えて、近所の涼しげな川辺を散歩していたら変なもの発見!

巨大なクワガタムシが川を流されて滝つぼでクルクルまわっている!

と思ったら、これは乗って遊ぶ子供用の浮き輪。
上流のBBQ場から流されてしまったらしい。




このクワガタ。
いつまでたってもクルクルまわりつづけて、滝つぼから出ることができない。
悪循環、デフレスパイラル、無間地獄といった言葉を思い浮かべる。
f0041769_105984.jpgf0041769_105725.jpgf0041769_105535.jpgf0041769_105326.jpg


固唾を呑んで、ずーっと見守っていましたが、いつまでたってもまわり続けている。
進展がないので飽きてしまってその場を離れました。

で、30分後?帰り道にまた通りがかったら、
ちょっと下流であゆの友釣りをしていたオジサンに救出された模様。

中州のクーラーボックスの脇に係留してありました。
ちょうどそこへ、クワガタの主らしい、水着姿の男性がクワガタを引き取りにきました。

礼を言って、
上流のBBQ場へ背丈ほどもある巨大クワガタを軽々とかついで引き返します。
まあ中身は空気だから、軽いわけですよ。

たぶん子どもは、失意のどん底から立ち直って大喜びでしょう。
よかった、よかった。

今日の小さなニュースでした。
by sugitacp | 2011-08-06 22:45 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
明日引っ越しでちょっとさみしい
箱詰め完了。
ネコのトイレも、植木も準備完了。
冷蔵庫も電気抜いた。

つかれた~☆

    ***

イエも、ヒトも。
別れのときはつらい。

「なんで、もっと○○をしなかったんだろう?」
「なんで、こんなことをしてしまったんだろう?」
と、あれこれ後悔。
 ↓ ↓ ↓

→ (つづき) 色々思った事。 
by sugitacp | 2011-07-06 20:51 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
過ぎる月日の体感速度を、数値化する計算式
 n分の1。
1/n (年齢=n)

近年。この時期になるといつも思うが、月日がたつのは早いものですね。

歳を重ねるとさらにそんな感じがいたします。
(まあ、言うほど重ねてはいないが、、、、人生の先輩に笑わてしまいます。)

過ぎる月日の体感速度を、数値化する計算式があります。

 ↓ ↓ ↓ ↓ 

つづき・・・
by sugitacp | 2010-12-23 13:41 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
迷い鳩
「鳩が事務所にはいってきた、助けて!」
と同じフロアの事務所のお姉さんが逃げてきました。

f0041769_1465925.jpg窓から追い出せばいいじゃないかと思ったら、近づいても逃げない。
足を見たら伝書鳩でした。

窓枠にとまらせても、いっこうに飛んでいく気配がない。

鳩が怖くて仕事が出来ない、と言われたので、つかまえて段ボール箱にいれて、屋上に放した。

お昼に見に行くと、まだ飛べずにうろついてる。
さすが、伝書鳩。
公園の鳩ぽっぽにくらべると賢そうな顔。
さかんに首をかしげてこっちをみている。

インターネットで調べたら、日本伝書鳩協会のHPに「迷い鳩」というコーナーが。
保護したら、とりあえず水やマメをあげて、怪我があれば近所の獣医で看てもらってくれ、とある。

電話してみたら、「うちの鳩じゃなくて、鳩レース協会さんの鳩ですね」とのこと。
鳩レース協会に電話して、足輪の番号から、持ち主を割り出してもらって電話したが、あいにく不在。

また夕方に電話してみて、出なかったら、どうしよう。
夜露があたるとかわいそうだから、パンでもやって箱に入れといてやるか。

いやはや、世の中いろいろなことがあるものですね。

日本伝書鳩協会:迷い鳩
http://www.nihon-denshobatokyokai.org/page025.html
by sugitacp | 2010-11-24 14:19 | ちょっと変わった体験 | Comments(1)
「東京仕事参観」で話します
杉さん、ヘンな生き方だしオモシロイ仕事をしてるね!ってことで出演依頼をいただきました。
仕事参観「フルフリ」

f0041769_2038463.gif東京仕事参観は、
面白い生き方、変な働き方をしてる人の職場に、
どんな仕事をしたら良いか悩んでる若者たちが話を聞きにいって参考にする、という「大人の社会見学」だそうです。

9月27日(月)です。どんな人が来るのかたのしみ。


追記: わたしの仕事の都合で延期になってしましました。申し分けございません!又、後日。
by sugitacp | 2010-09-24 20:45 | ちょっと変わった体験 | Comments(0)
銀座にて。子猫虐待?
銀座で講習会に向かうとちゅう見かけた光景。
f0041769_1724497.jpg
きゃーきゃー言う歓声とカメラ手にした人だかり。
芸能人でもいるのかと思ったら、真ん中には標識の上に2匹の子猫。
f0041769_1724438.jpg


親猫も飼い主らしき人もいない。

その場では、あまり深く考えがいたらなかったけど、2メートル近い鉄の標識の上に足場もないし、果たして子猫達が自力であがれるのか?

あれは、誰かのイタズラで上に無理やり乗せられて降りられなくなってるのかも!?と講習会の間、気掛かりでしかたなかった。

終わってから、現場に戻った。
子猫はいなかった。

誰かが降ろしてあげたのか、自分でおりたのか。
真相は不明です。
by sugitacp | 2010-07-03 17:24 | ちょっと変わった体験