カテゴリ:業務日誌( 41 )
桜をモチーフにしたフレグランススプレー
f0041769_14514454.jpg春らしい、さくらの香りをモチーフにしたフレグランススプレーを発売しました。
その名も「桜イリュージョン」。

「桜」は分かるけど、なぜ「イリュージョン」(幻想)なのでしょうか?
 
さくらの香り、とみんなが思っている香りは、正確にはさくらの花の香りではなく、
実は「桜もちの香り」だってご存知でした?

桜の花や葉が塩漬けされるときに発酵してできる匂いが、あの香りです。
 
サクラの花には香りはほとんどありません。私たちがサクラの香りだと思っているものは実は記憶の中で作られたイリュージョン(幻想)にすぎないのです。
 
2003年に東京の山種美術館で、さくらにまつわる展覧会が開催されたのですが、そのときに香りの演出を頼まれたのが、いつも「コスメ調合室」が頼りにしている香りの専門家、山口美帆さん。
 
人工香料は使わない主義なので、天然の香料だけで、さくらの花を再現しました。桜の塩漬けの香り成分を分析し、それに似た香りを探して調合したそうです。
 
今回、ご紹介する新しいブレンドは、このときの桜ブレンドをメインに春らしさを感じさせるフローラル系の香りをあわせた、この季節にふさわしいフレグランススプレーです。


ただし、桜の香り部分だけを再現しても面白くないので、
桜の香りをメインに、春らしいフローラル系の香りを配置しました。

日本ではなかなかお目にかかれない高価なフランジパニーや、二種類の別なローズを組み合わせたりなど、10種類の香り成分をブレンドしました。企業秘密なので全部は明かせませんが、とっても意外なものも使っていますよ。

詳しい成分はこちら: 「桜イリュージョン

       ***

ウチの奥さんに香りをかがせたら、
『これ桜餅の匂いじゃないなあ』、
といってましたが、

我々は別に桜餅の香りを再現したかったわけではないので、あしからず。

桜餅の香りがよければ、桜餅を買ってくればいいんです。
餅は餅屋。
by sugitacp | 2007-03-02 14:55 | 業務日誌 | Comments(4)
仕事場で倒れる
f0041769_15204946.jpg
通りすがりの酒屋さんのショーウインドウ。
親方、手前の人、倒れてますぅ。








     ↓ ↓ ↓


f0041769_10122391.jpg1週間後の続報・・・

通りすがりの酒屋さんのショーウインドウ。
気になってのぞいてみると、今度は後ろにのけぞっています!

親方~、手前の人、有給あげて下さい!
by sugitacp | 2006-10-13 15:20 | 業務日誌 | Comments(2)
ゼラニウム水
f0041769_083448.jpg新しいハーブウォーター、「ゼラニウム」のハーブウォーターが入荷しました。

最高級「ブルボン」級の珍しいゼラニウム水です。
「ブルボン」って、お菓子メーカーもありますが、それとは別。

インド洋に浮かぶ、フランス領レユニオン島で採れたローズ・ゼラニウムのみが名乗ることができる特別な称号が「ブルボン」なのだそうです。

ゼラニウムといっても、お花屋さんでよく鉢植えで売っている、なじみのある園芸用の品種とは違い、精油を採取するための香りが良い品種ですが、葉っぱの形は似てますね。

「今度、珍しいゼラニウムが手に入るけどやってみない?」
と誘われたのが、初夏のこと。

ずっと待っていたのが、今日になって、ようやく日本到着の知らせがありました!

ゼラニウム水は、軽いローズに似た香りに幸福感を感じる、万能スキンケア水。
さっぱりしつつ、うるおいを与えるという一見矛盾した不思議な効能です。

ゼラニウムウォーターに含まれる成分には
皮脂の分泌バランスを整える効果がありますが、
乾燥した肌にもよくなじみ、うるおします。

その他には、収れん効果が確認されているほか、
血色のない肌の色つやを上げる効果があると
いわれています。

さっぱりするのに、うるおう。
ふしぎな特性をもつ万能スキンケア水です。

混合肌の方に、特に便利ですね!

なお、ブルボン級のゼラニウムに特に多く含まれる、
香り成分のゲラニオールは、強力な抗酸化物質でも
あるそうです。

香りの特徴は、さわやかな中にも、バラに似た甘い香りで、
誰にでも好まれる、グリーンフローラル系の香りです。


ただし、香り立ちが良いために、
匂いが全くといっていいほど肌に残りません。

微香性の化粧水がお好みの方にはオススメです。
by sugitacp | 2006-09-12 00:08 | 業務日誌 | Comments(0)
出張からの帰りみち
f0041769_15532841.jpgこれは富士川。
経費節減でこだま号で東京に帰る途中です。前回はケチって長距離夜行バスに乗ったけど、30過ぎると夜行バスは体力的につらいよ。

やっぱり地方は住みやすくていいなあ、とつくづく思う。早いところ、仕事を軌道に乗せて「都落ち」するのが目標です。
by sugitacp | 2006-08-24 15:53 | 業務日誌 | Comments(0)
伝説の化粧水を再現 ハンガリーウォーター
f0041769_17536.jpg13世紀から伝わる伝説のアンチエイジング美容液、
ハンガリーウォーター」をアレンジした化粧水キットを現在、準備中です。
ハンガリーウォーターの作り方は、通常は原料植物をエタノールに漬け込んでつくるため、せっかく作っても敏感肌、乾燥肌の方には刺激がきつすぎて使い物になりません。

私達のハンガリーウォーターは芳香蒸留水を使うことでエタノールを一滴も使わない調合です。
明日は、moran氏の工房へ試作品を見に行きます。楽しみ!

今の時代は、調べ物が本当に便利になりました。
世界中の医学史に関するサイトで、この幻の美容液、ハンガリー水に関する史実を調べました。

サイトの方では、誌面スペースがなく、割愛しましたが、この美容液の由来となるハンガリー王国の王妃、エリザベートの人生は非常に興味深いです。

だんなさんの王様がダメ男で、大変苦労した様です。
ローマ法王から破門されたり、隣国に戦争を仕掛けては負け、王国は大赤字。


1235年に、このだんな様が死んだのですが、
その同じ年に、エリザベート王妃の直筆のサインがある、
ローズマリーをメインにした処方箋が発行されました。

この文章は今でもウイーンに保管されているとの事です。
これが、ハンガリーウォーターの原典らしい。

彼女は顔面神経痛か通風を患っていたとの事で、アロマテラピストにいわせると、
ローズマリーは確かに理にかなった処方だそうです。

しかも、ローズマリーには抗酸化成分が豊富に含まれており、
皮膚の老化を防ぐ効果が証明されています。

さらに、ローズマリーの香りは、気分を明るく元気づけてくれる香り。

・・・まさに、アンチエイジングコスメです。

だんなが死んだあと、このハンガリーウォーターで健康と美貌を回復した王妃は、
音楽やコスメに傾倒し、若い男性のとりまき達と楽しく暮らしたようです。

なんか分かるような気がします。

しかも、72歳の時に隣国ポーランドの王子サマ(なんと18歳!)に求婚されたという、
すごい逸話まで残っています。

結局、再婚はしなかったようですが、
めちゃくちゃ楽しい老後をおくった事がうかがえます。
NIKITA風に言えば「これぞ、コムスメに勝つ、艶女(アデージョ)の元祖」。

これもだんな様に先立たれた事と、ハンガリー水のおかげ。

                  ***

この「若返りの妙薬」、ハンガリー水のうわさは、ヨーロッパ中に広がり、14世紀初頭には
これをフランス国王のために調合する業者が現れます。

ハンガリーウォーターは香水、民間薬として、ヨーロッパ各地で伝えられるうちに、
さまざまなバージョンが派生しました。

最初に、レシピがきちんとまとめられたのは1795年のイギリスの家庭医学書。
昔の正露丸みたいに、まさに万能薬として紹介されました。

そして、時は流れて、2006年にコスメ調合室の新商品として、
ハンガリーウォーター風 化粧水キット」が、売り出される事になりました。

ハンガリー水を巡る雑学でした。
by sugitacp | 2006-06-02 01:07 | 業務日誌 | Comments(2)
シトラス系アロマブレンド ようやく商品掲載!
f0041769_22283927.jpg1ヶ月近くかけて、柑橘系のアロマブレンドオイルをようやくサイトに掲載する事が出来ました。

いろんな準備もありましたし、いざ準備が出来ても、
他の仕事で時間がとられ、なかなか掲載できませんでした。

みんな大好きシトラス系。

嫌いな人は手ぇあげて!(し~ん)
そうですよね、嫌いな人、いるわけないですね!

スーパーで買ってきたフルーツの写真もカラフルに撮れたしどれから使おうか、迷ってしまうほどの品揃えですね~。(かなり自己満足)

撮影に使った10個のフルーツは全部ジュースにして飲みました。
最後に全種類混ぜて飲んだら、さすがにおいしくなかったです。

最近本当に忙しくて、サイト更新までなかなか手が回りませんでしたので、非常にフラストレーションが溜まっていました。

だからとってもうれしいです。
うれしさが、文字から伝わってくるでしょう?

残業してしまったおかげで、帰りが遅くなった。
チクワ(うちのねこ)がえさにありつけずにかわいそう。

じゃあ、かえろう!
by sugitacp | 2006-05-13 22:58 | 業務日誌 | Comments(3)
南アフリカから手紙をもらう
f0041769_1355222.jpg南アフリカの知らない人から手紙がきた。アフリカから手紙をもらうのは初めて。

海外からの郵便を良く受け取るようになったのは昨年、アメリカの手作りコスメ同業者団体に日本初のメンバーとして加入して、広報誌でとりあげられた事がきっかけ。

今回の手紙の差出人は弁護士のムワンベ氏と称する人物で、南ア政府の裏金・・・なんと21億ドルを僕の所でしばらく預かって欲しいとの依頼。報酬ははずむので至急電話かメールせよとの事。

これは要するに幼稚な詐欺なのですが、国際的な陰謀に巻き込まれた感じがして、ちょっと愉快です。

前は、ナイジェリアの石油王の遺産分割の話がスペインからきたこともあった。
何でもその石油王は僕の祖母の生き別れになった、隠し子なんですって!
by sugitacp | 2006-04-09 01:35 | 業務日誌 | Comments(4)
また見本市に来ています
f0041769_1629357.jpg
今回は仕入れ先探しとライバルの視察が目的。

今日は仕事がたまっていて時間がなく、試食コーナーでつまみ食いできませんでした。

残念!

追記: 先日知り合った、
フードコーディネーター 鈴木あみさんがプロデュースされたブースがあったことが帰ってきてから判明! 素敵!
by sugitacp | 2006-03-16 13:40 | 業務日誌 | Comments(4)
見本市を視察
f0041769_1555264.jpg今日は取引先から招待券をいただいて、
見本市にきています。
色々と勉強になりました。

ついでにとなりで開催されていた
「ふるさと食品フェア」の
試食品をあれこれつまみぐい。
by sugitacp | 2006-03-02 16:21 | 業務日誌 | Comments(3)
ピンチを救われた! (ボトルの仕入れ)
今日、化粧水容器の在庫がほとんど無くなって来た事に気づきました。

いつも取引のある容器メーカーさんに、
「この前の30mlの化粧水容器を300個下さい」、と注文書を送ったら
ごめん、もうその商品は製造を中止しました、と言われてしまう。

       ピーンチ!

かわりに見せられた商品はふたの構造がウチの商品には使えないものでした。
化粧水ボトルで良くあるタイプの、中ぶたに穴があいたもの・・・
f0041769_17452292.jpg

続きはこちら・・・
by sugitacp | 2006-02-01 22:50 | 業務日誌 | Comments(0)