カモミール畑&蒸留所訪問記
このたび珍しいジャーマンカモミールウォーターを発売します。

今まで販売していたローマンカモミールに比べて、

 1) 香りがよい (甘くてさわやか。青りんごのような、フルーティなかおり。)
 2) ニキビや敏感肌等のトラブル肌にやさしい成分アズレンを含む

という二点が特徴です。

魅力的でしょう?

ところが、このハーブ水は、めったに入手できないのです。
なぜそんなに珍しいのでしょうか?


それは、このハーブ水のふるさとの畑を訪問したときに分かりました。
長野県の中央アルプスのふもとの畑です。

f0041769_14245531.jpg

カモミール達はここの、きれいな空気と雪解け水で育ちました。

  ↓ ↓ ↓



開花時期に刈り取ったカモミールは、シートに広げて天日干ししていったんドライにします。
生のままではあまりいいものができないのだそうです。

f0041769_14334719.jpg

ここの農園主、農学博士のKさんは、カモミール大好きなのに残念ながら、菊アレルギーもち。
くしゃみが出るのでこの作業には立ち会えないんだとか。


f0041769_14351883.jpg

乾燥したカモミールの花と茎を蒸留器にセットして、蒸留スタート!
手前の銀色の部分が蒸留器で、上下の黄色のタンクは冷却水です。


お茶を飲んで待っているうちに蒸留終了~!
先月のイラン出張で見てきた、中世からほとんど変わっていない蒸留釜と違って、
サーモスタットと電磁弁で電子制御されていますので、
見張っていなくてもちゃんと蒸留してくれます。
さすがメードインジャパン!
f0041769_1443531.jpg

床に置かれたビニールタンクに入っているのが、ジャーマンカモミールウォーターです。
蒸留したてでアツアツです。
少し青っぽい色をしてますね。


上澄み部分を採取して三角フラスコにとってみます。
青くてきれいなインクのようなものが見えますね。

これが、ジャーマンカモミールの精油(エッセンシャルオイル)です。
これが結構、高価なんですよ!
f0041769_14364585.jpg


きれいな青色から、ジャーマンカモミールの精油は「ブルー・カモミール」とも呼ばれます。

この青色は「アズレン」という成分の色。

(アズレンの語源は、多分スペイン語等で青を意味する”azur”かなと想像して、調べてみたら英語でも、紺碧の青空のことを”azur”というそうです。地中海の真夏の空の強い青色に似ているなと思いました。)

炎症をおさえる作用にすぐれており、民間治療薬として、何世紀も前から使用されてきたアズレンは、現在では、胃薬やかゆみ止め、目薬などさまざまな医薬品にも処方されています。

で、下の水部分が芳香蒸留水(ハーブ水)です。
こちらも若干青い色がついてますね。
この青が蒸留後だんだん緑に変化します。

濾紙を使って上澄みの精油を丁寧にこしとると、
ジャーマンカモミールの精油と芳香蒸留水が完成です!


      ***

ここで、最初の疑問点に戻りますが、
ジャーマンカモミール水はなぜそんなに珍しいのでしょうか?


このジャーマンカモミールの精油は、
ほんのちょっとしか取れなくてしかもとっても高価なんです。

高値で取引されるため、少量ですごく儲かります。


というわけで、この高価な精油を一滴でも多くとるために、蒸留所は努力するのですが、
そうすると副産物の芳香蒸留水(ハーブ水)の質がおちてしまうのです。

この芳香蒸留水からも、溶け込んだ精油成分を一滴でも多く搾り取ろうと、
再蒸留を重ねると、上の写真のような薄いブルーの蒸留水は、
最後は抜け殻のような透明な水になってしまいます。
香りもかなりビミョ~。

というわけで、ジャーマンカモミールの芳香蒸留水は珍しいのです!


今回採取したこちらのハーブ水は、蒸留回数は一回のみ。
これってすごく贅沢なことなんです。

ジャーマンカモミールの貴重な精油成分が水の中に自然な形で溶け込んでおり、
それが、この特有のフルーティな香りと、敏感肌にやさしい成分の含有量、
という結果につながっています。

以上、ジャーマンカモミール畑&蒸留レポートでした!

商品リンクはこちら: ジャーマンカモミール水

※ 「ジャーマンカモミール」は、「カモミールジャーマン」となぜか逆で呼ばれることもありますが、英語表現的にはジャーマンが先だろう、と思うので「カモミールジャーマン」ではなく「ジャーマンカモミール」と呼びます。

どっちが適切なのかは分かりませんが、ま、どっちでもいいですよね^^
by sugitacp | 2008-07-30 10:36 | 業務日誌 | Comments(5)
Commented by nanoka at 2008-09-08 16:28 x
>呼び方
多分ですけど、ローマンカモミールもあるでしょう。
「ジャーマンカモミール」にしちゃうとあいうえお順に
並べた時に、ジャーマンとローマンが離れちゃうでしょう。
だからカモミールG、カモミールRという風に
呼んでるのかな?と思ってます(^^)
Commented by sugitacp at 2008-09-10 12:25
コメント有難うございます。
確かに!これはお店の陰謀なんですね!
新見解ですね~
Commented by オペラ at 2008-12-04 20:46 x
今頃こんな質問お許しください。
ジャーマンカモミールの精油は緑色のこともあるのですか?
Commented by sugitacp at 2008-12-08 10:42
山口さんに聞きました。
Gカモはの精油は緑です。真っ青ではありません。
(最初は青いけど時間がたって安定してくるとやや緑色になってくる)

すごい青の精油はヤロウです。これは時間がたってもすごい青!
Commented by オペラ at 2008-12-09 23:09 x
とんでもない間の空いた日にちの質問に
わざわざ聞いてくださって、お答え頂いて、ほんとうに、ありがとうございました。m(--)m 感謝です!
<< 夏休み~北海道で登山~大雪山 ぶさいくなウサギ >>