2007年は介護元年
年末に義理の父母が共倒れになったため、今年は向こうの実家に帰省して正月気分は無しで生活支援してました。

介護の世界は今まで全く無縁だったので、興味もありませんでしたし、何にも知りませんでしたが、それが現実の問題になりました。

1週間の間に大急ぎで地域の病院、介護施設、ケアマネージャー、給食センター、ボランティア団体などをリストアップし、打ち合わせをして今後の介護プランを構築して、昨日東京に帰ってきました。

痛感したのは、自分で調べて動いて要求しないと、福祉は動いてくれないということ。
だまっていると教えてくれませんし、場合によってはしつこく要求しないと助けてくれません。
頼りになって若い親戚や家族がまわりにいないとつらいですね。

仕事も休憩も返上で、とんだ正月でしたが、こういうことは初動が肝心。
問題を先延ばしせずに最初にきちんと道筋を作っておけば、いずれ自分が楽になるのだと思います。トラブルが起きた都度、仕事を中断して実家に帰るのは、金銭的、時間的に無理ですから。
しょっちゅう帰省してあげられないのは、ちょっとかわいそうですが、その代わり、定期的に電話を入れてあげようとおもいました。

また、自分の本当の両親が今後、どうにかなったときにこういった知識と経験は活かされると思いますので、言い方は悪いけど練習になってよかったのかも知れないなあと思いました。
by sugitacp | 2007-01-11 11:59 | 今日の出来事 | Comments(6)
Commented by ozwattle at 2007-01-12 21:09
杉さま
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

実は私も義母が倒れて年末年始は神戸を往復していました。
ケアーマネージャーからの連絡を受けて私たちは義母の入院を知ったのですが、彼女(85)は今まで介護認定を受けていませんでした。そのため今後の計画を立てたくても退院する(認定を受ける)まで動けないと医師に言われました。
すでに3週間入院していて、義兄夫婦と交代で往復していますが、こんな生活がいつまで続くのかと不安になります。
もしよろしかったら杉さまの介護プランや今後の動きを時々UPして教えていただけると有難いです。
2年前の実母の大病、そして今回のことで自分たち夫婦の将来を考えました。いくら子供がいても、すぐ来られる距離にいるとは限らないのだから、ある程度のことは自分たちで準備しておきたいと思いました。

Commented by とろろ at 2007-01-15 21:02 x
>自分で調べて動いて要求しないと、福祉は動いてくれないということ。
>だまっていると教えてくれませんし、場合によってはしつこく要求しないと助けてくれません。

福祉に関わっていた元公務員としては耳の痛いお話です。職員は3年程度で異動してしまうので、中には知らない制度があるままに異動してしまいます。勿論引き継ぎがされませんので、利用者(対象になる方)が少ない制度はホコリをかぶってしまいます。
結果、住民の方が「こういう制度があるはず」といらしても「ありません」と突っぱねてしまいます。「ありません」と答える前に調べろよ、目の前に置いてある「通達集」「社会保障手引き」を見ろよ、と言いたくなりますが。

民生委員とも情報交換をしていましたが、最近は個人情報保護のため、難しくなりました。
広報(市町村の広報誌)やパンフも限界があります。ネットもそういう環境になければ伝わりません。

どうしたら「必要なことが」「わかりやすく」伝えられるか、本当に難しいです。
Commented by sugitacp at 2007-01-19 16:45
>Ozwattleさん たいへんでしたね。 いい制度は色々あるんですが、たいていが事後ではダメで、事前に申請してないとダメなんですよね。不測の事態というのがいちばんたいへんです。手すり1つをつけるにしても事前に補助金を申請してから指定店で購入しないと補助がもらえないなどあるようです。たとえば足腰を急に悪くして急いで自分で手すりをつけてしまうとアウトらしいですね。事前事前にいろいろやっておくといいようです。介護施設も入る必要がなくても早めに申し込んでウェイティングリストに載せてもらい、入居許可が下りたときに不要なら断るなど。いざ入りたくなっても入れないようです。中には入居を何年も待つ間に死んじゃう人もいるらしいですよ。(うわさ話なので事実かどうか分かりませんが)
Commented by sugitacp at 2007-01-19 16:45

>とろろさん なるほど、そういう事情もあったのですね。ためになるお話しありがとうございました。義父母は遠くに住んでいるので地域の広報誌もよめないし、うわさ話の類も耳に入りませんので、インターネットとケアマネだけがたよりです。 ところがそのケアマネさんも知識不足で、本来受けられるはずの身体介護を、一切受けられないと最初あやまった説明をうけてそれをずっと信じ込んでいました。東京の知り合いのケアマネさんにきいたら、そんなことはありえない、そのケアマネ変えた方がいいよ!といわれました。。。 いろいろな情報源があるとウラが取れるのでいいですね。
Commented by かぴ at 2007-01-24 13:26 x
ども。かぴ姉です。
私1人ではできないことを短期間でやってきてくれて本当に感謝しています。
これからはできるかぎり電話してあげようと思っています。
昨日は調子よさそうでした。
これからも先は長くお世話になることも多々あるかと思います。すみません。。。
なるべく暗くならずにプロジェクト感覚で頑張るわ。
根暗姉妹をこれからもよろしく。
来週新居襲撃します。
Commented by sugitacp at 2007-01-25 23:47
> かぴ姉そうそう、プロジェクト感覚で楽しくやっていきましょう!
<< 父親の血液型がOからAに変更に 2006年 わが家の10大ニュース >>