人とのコミュニケーションについて思ったこと
意外に思われるかも知れませんが、
私は、引っ込み思案で初めての人と話すことに、
苦手意識があります。

私は、頭の回転がおそめなので、考えながら、
ゆっくりと話すしゃべり方のスタイルです。

というわけで、初めての人と話すことに、
以前から苦手意識がありました。

先日、話し方に関するセミナーがありましたので参加してみました。

そこで学んだことで、特に心に残ったことは、
人(特に初対面の人)とお話しする際には、
できれば自分や相手の気持ちや感情について
話題をむけよう、ということです。

たとえば、最近面白い映画をみてきたんだヨ、
という人と話すときには、

「いつみたの?」「どこの映画館でみたの?」
「誰とみたの?」「混んでた?」「俳優は誰?」

といった表面的なことよりも、

「どんなところに感動したの?」
「自分だったらその場面でどういう行動をとったと思う?」

など、気持ちや、感情についても質問すると、
はなしも盛り上がりますし、より親密な会話ができます。

逆の立場で、自分が聞き手でなく、話し手の場合でも、
「いつ」「どこで」「何をした・みた」ではなく、
自分が持った感想や感情について語る方が、
相手にとってはるかに興味深いでしょう。

       ***

これって、単に話術のテクニックではなく、
より美しい生活を送るための心構えでは、と思い、
個人的にとっても感銘を受けました。
by sugitacp | 2006-12-18 11:27 | 今日の出来事 | Comments(3)
Commented by ellie9889 at 2006-12-18 13:12
とてもいいことを聞きました。
ついつい、相手の行動ばかり、話の主題になって、どういう感想を持ったとか、泣いちゃうほど?とかなかなか聞いていなかったりしました。

この文章を読んで、私はXX才も生きてきて、表面的なことしか聞いてあげられていなかったのかな?とちょっと反省もしました。

これからもう少しいろんな話を引き出して、聞き上手になろうと思います。
あれ?話し方講座だから、あたしが話さなければならないのか・・・(笑)

とても貴重な情報ありがとうございました。ヾ(^v^)k
Commented by sugitacp at 2006-12-22 10:39
そうなんですよ。
私もいかに自分が表面的な薄っぺらな人生を歩んできたか、とおもい愕然としました。自分では聞き上手かなと勝手におもってたんですが、うわすべりな会話しかできてなかったのかもしれません。

これからは感情を大事にしたいと本当に思いましたよ!
Commented by color-cona at 2006-12-23 21:18
すぎさん、ellieさん、こんにちは。
自分や相手の気持ちについて感情をむけようということ難しいですけれど
とても大切なことだと理解します。
私ならこの映画を見に行ったという話題でしたら、相手がどうしてこの映画に興味をもったの?から話題を展開していくのではと思います。

最近、スピリチュアルな部分がとても必要とされていて(江原さんの影響もあるかと思いますが・・・)、コンサルタントさせて頂いていてもやはり心の問題は何事にも切り離せませんから。
話術だけの問題ではなく、相手と精神的に(心で)触れ合うことは、ご自分にとっても貴重なセラピーになると思います。
<< クリスマスに教会に行きました チクワ ひなたぼっこ >>