高知産の椿油と文旦の花でヘアミストを作りました
この写真は室戸の崎山集落で椿油を生産している農家グループと打ち合わせした時のもの。
f0041769_17432766.jpg
この油絞り器は、鋼鉄の様に重く硬い木で出来ている。たぶん50年位使っているとの事です。
今年のツバキは豊作だそうで、姫リンゴの様な実がたくさんなっています。
f0041769_17460330.jpg
崎山集落では椿の木が台風よけの防風林として、家の周りを囲う用に植えられています。
冬になるとみんなでワイワイと椿の実を拾って、絞って油にすることを、大昔から続けてきたとのこと。

これを原料に高知県の高校生たちとコラボしてヘアミストを作りました。髪に良いと言われているツバキ油。そのままでも良いのですが、より使いやすく、より軽く、ミストにしたものです。
彼らには、椿の方ではなく文旦の花集めの方をお手伝いしてもらい、半年かけて一緒にラベルやキャッチコピーを考えました。私にとっても、非常に良い経験になりました。



by sugitacp | 2016-08-03 17:43 | 今日の出来事 | Comments(0)
<< 仔猫を捨てた話 今年3回めの室戸出張 >>