ぬか漬けの季節到来
f0041769_655179.jpgわが家は季節外れの野菜は、
よそで出されたとき以外は、かたくなに食べない主義。

夏野菜のシーズン到来で、
半年振りにきゅうり・なすびが解禁でうれしい。

こうやって旬物が楽しめるのも、
日ごろのやせ我慢のおかげです。

夏野菜、特に瓜類はぬか漬けがおいしい。
というわけで、ぬか漬けのシーズン到来でもあります。

毎年のように、初夏にはぬか床を作って来ましたけど、夏には殺してしまう。
毎回、ホセとかジョニーとか名前をつけて、唐辛子や釘を入れたり
毎日かき混ぜたり世話してかわいがるのに、

暑くなると、黒くずんで臭くなってしまい、死んでしまう。

今年は思い切って、出来合いのぬか床を買う。

これが、実にいい。

かき混ぜ不要で、買ったその日から漬けられる。
しかも悔しいけど、自家製ぬか床よりおいしく漬かる。

さすが、バイオテクノロジー(なのかな)。
by sugitacp | 2006-06-06 06:33 | 今日の出来事 | Comments(4)
Commented by ozwattle at 2006-06-07 21:27
杉さま、大昔(ぬかなど手に入らない時代)にアメリカで母がパンとビールと唐辛子で漬物を作っていました。不思議とこれがぬか漬けの味なのです。誰が考えたのでしょうかねー不思議でした。
Commented by 221817 at 2006-06-08 14:35
杉さま。季節のお野菜 摂られてるんですね。私もそうしようかな!  暑くなると南国のお野菜(にが瓜・シークアーサー・・・)が食べたくなりませんか?
Commented by orenoart at 2006-06-09 06:59 x
Sugi-san
リンクさせていただきました。
ところで、ぬかってそんなに腐るものなんですか?うちの母にぬかは何年も同じものに注ぎ足してるようですが。。
確かに冷蔵庫に入れてはありますけどね。
Commented by sugitacp at 2006-06-11 02:17
すごい知恵ですね。パンとビールのぬかどこでもおいしそうですね。
そうそう、にが瓜のぬかづけもなかなかいけますよ。
orenoartさん:そうか、冷蔵庫に入れればよかったのですね。でも、昔の人はどうしてたのでしょうか。
<< 起業して初の休暇を取るつもり 伝説の化粧水を再現 ハンガリー... >>