伝説の化粧水を再現 ハンガリーウォーター
f0041769_17536.jpg13世紀から伝わる伝説のアンチエイジング美容液、
ハンガリーウォーター」をアレンジした化粧水キットを現在、準備中です。
ハンガリーウォーターの作り方は、通常は原料植物をエタノールに漬け込んでつくるため、せっかく作っても敏感肌、乾燥肌の方には刺激がきつすぎて使い物になりません。

私達のハンガリーウォーターは芳香蒸留水を使うことでエタノールを一滴も使わない調合です。
明日は、moran氏の工房へ試作品を見に行きます。楽しみ!

今の時代は、調べ物が本当に便利になりました。
世界中の医学史に関するサイトで、この幻の美容液、ハンガリー水に関する史実を調べました。

サイトの方では、誌面スペースがなく、割愛しましたが、この美容液の由来となるハンガリー王国の王妃、エリザベートの人生は非常に興味深いです。

だんなさんの王様がダメ男で、大変苦労した様です。
ローマ法王から破門されたり、隣国に戦争を仕掛けては負け、王国は大赤字。


1235年に、このだんな様が死んだのですが、
その同じ年に、エリザベート王妃の直筆のサインがある、
ローズマリーをメインにした処方箋が発行されました。

この文章は今でもウイーンに保管されているとの事です。
これが、ハンガリーウォーターの原典らしい。

彼女は顔面神経痛か通風を患っていたとの事で、アロマテラピストにいわせると、
ローズマリーは確かに理にかなった処方だそうです。

しかも、ローズマリーには抗酸化成分が豊富に含まれており、
皮膚の老化を防ぐ効果が証明されています。

さらに、ローズマリーの香りは、気分を明るく元気づけてくれる香り。

・・・まさに、アンチエイジングコスメです。

だんなが死んだあと、このハンガリーウォーターで健康と美貌を回復した王妃は、
音楽やコスメに傾倒し、若い男性のとりまき達と楽しく暮らしたようです。

なんか分かるような気がします。

しかも、72歳の時に隣国ポーランドの王子サマ(なんと18歳!)に求婚されたという、
すごい逸話まで残っています。

結局、再婚はしなかったようですが、
めちゃくちゃ楽しい老後をおくった事がうかがえます。
NIKITA風に言えば「これぞ、コムスメに勝つ、艶女(アデージョ)の元祖」。

これもだんな様に先立たれた事と、ハンガリー水のおかげ。

                  ***

この「若返りの妙薬」、ハンガリー水のうわさは、ヨーロッパ中に広がり、14世紀初頭には
これをフランス国王のために調合する業者が現れます。

ハンガリーウォーターは香水、民間薬として、ヨーロッパ各地で伝えられるうちに、
さまざまなバージョンが派生しました。

最初に、レシピがきちんとまとめられたのは1795年のイギリスの家庭医学書。
昔の正露丸みたいに、まさに万能薬として紹介されました。

そして、時は流れて、2006年にコスメ調合室の新商品として、
ハンガリーウォーター風 化粧水キット」が、売り出される事になりました。

ハンガリー水を巡る雑学でした。
by sugitacp | 2006-06-02 01:07 | 業務日誌 | Comments(2)
Commented by color-cona at 2006-06-05 10:36 x
ハンガリーウォーターの逸話、とっても興味深かったです。きれいの呪文にイメージが重なりますね。化粧水の成分は私が好きなものばかり。
今回の化粧水ボトルの形は昔の逸話にちなんでるなんて計画??それはないですね。
先日の息子のニキビも、セージが効果的なのでしょうかね。落ち着いてきてるようなかんじです。本人は気持ちいい~~!と気に入ってる様子。(もうなくなっちゃって、ネロリの方もつけてますが・・・)
Commented by sugitacp at 2006-06-11 02:19
ボトルは、ざんねんながらいつもの素っ気無い奴です。
専用のボトル作ればステキですよね。
でも、個数限定でやれない事はないですね。
やってみようかな。 アイデアありがとうございます!
<< ぬか漬けの季節到来 さばめし >>