忍者とヤギの赤ちゃん
f0041769_22261041.jpg先日、ちょっと変わったボランティア(?)をしました。

山開きセレモニーの演出で、忍者の衣装でお手伝いするというもの(左は町長さん)。

日の出山頂に設置する金の鐘を、忍者達が奉納するという設定なんだそうですが、鐘を持って出発しても会場の皆さんは、おしゃべりに夢中でだれも見てくれない。
さみしい出発です。

f0041769_22285452.jpg

たまにすれ違う車の人に指さされて笑われるくらいで、さみしい感じで、えっちらおっちら金の鐘を運びました。

忍者の黒装束に金粉がつきます。

こりゃ、金のスプレーペイントだな。


とあるおうちの玄関で子供達がいて、
大はしゃぎで「あ!忍者だ!忍者だ!忍者が来たよ!!」っと初めて声をかけられた。
嬉しかったなー!!

おばあちゃんも出てきて、

「あれ、あんたらはそんな恰好でどうしたのかね? 
はぁ、大事なお役目があるんだね、そりゃご苦労さん。
・・・それはそうと子ヤギが生まれたから、見においで。」
f0041769_22403210.jpg
土間の奥には、なんと、ふたごのしろやぎが!
生後3日目だそうです。


路線バスが家の前にとまって、運転手さんが窓から大声で尋ねる。
「生まれたかね?」
「うまれたよ、2匹だよ。」
「そりゃあ、良かった。よかったな~。」と坂を登っていく。
いやはや、のんきだね。

しばらくヤギと遊んでから、また鐘を運ぶために出発。
f0041769_22431766.jpg
(今気づいたけど、お父さんヤギが、どさくさに紛れてクノイチの帯をかじってるよ。)

鐘は誰も見てないところで車に載せかえて運搬。
やっぱり人力で山頂まで運ぶには如何に忍者とはいえ、ちっと重いのでね。

ヤギの出産のニュースは、昨日の「西の風新聞」(地元新聞)にも出ていました。
いやー、のんきだね。東京都内とは思えないな。

・・・あれ、忍者のことは載ってなかったぞ!?
おかしいなあ~
by sugitacp | 2013-04-20 18:30 | 山里暮らし | Comments(0)
<< ちくわのおわん 雑誌にでました。 >>