仙台で闇市をやってみた
余震のせいで、また停電、断水のエリアが続出。
せっかく復旧しつつあったのに電車も動かなくなってしまいました。

先週末、以前のようなボランティアじゃなくて、
ある実験のために、農家のお兄さんと一緒に東北に行商に行きました。
露天で野菜売りのお手伝いをするのに同行したのです。

  ***






知人が、地元の若者に移動販売車を貸しあたえて、移動販売をさせるというプロジェクトを始めようとしています。
店舗が営業していない地域で、「移動スーパー」のように雑貨や食糧をうったり、都会の屋台トラックのように移動レストランとして商売をおこなう。
ゆくゆくは、屋台を「卒業」して、自ら復興した商店街に店を構える、もしくは自分で移動販売車を購入させる。
小さな起業家を育てて、復興させ、地域を活性化させる。

お手本となるモデルは阪神淡路の復興ではなく、空襲の焼け野原からの復興ではないかと思うのです。
要するに、闇市です。

会社や国に頼るのではなく、自らの手で切り開いていくたくましさが必要な時代と思うのです。
このようなことを言うと不謹慎に聞こえるかもしれませんが、自分のお店を持ちたい野心をもった若手にとってはチャンスのときではないでしょうか。

   ***

被災者相手に商売か?と眉をひそめる人もいるかもしれませんが、
物を買うということこそ復興だと思うのです。

自立した、自分にプライドがある人なら、
支援物資をいただけるのは本当にありがたいが、
できれば他人から支援なんかしてもらいたくはないと思ってると思う。

自分で必要なものは自分で買いたいものです。

宮城県民すべてが職場がなくなってしまった人、家や財産を失ってしまった人ばかりじゃない。
自宅は無傷で、家族や職場も無事な人が大多数。

おカネはある。 
(もちろん「十分ある」、と胸張って言いきれる人は、この不景気のさなか少ないと思うが、、、)

でも電気や水道が止まって困っている。
お店がやっていない、あるいは品揃えがなくて困っている。
今後の勤め先の業績が心配だ。
そういう人が大多数。

国が行なう支援や、遠方からやって来るボランティアが行なう支援も非常に大事ですが、
こういうちょっとだけ困ってる地元の近場の方々の生活がしっかり安定して、
隣の区や市の被災した方々に手を差し伸べることができるようになると、
本当の復興が本格的に始まるのだと思います。

地元のことばを話し、土地勘もあり、地元に根付いた人々の生活を早く安定させて、
地域の経済を回し、ボランティアをしたい人がいれば活動資金を援助をしてあげるなどするのが一番。

現段階では、ボランティアはぜんぜん足りてない。
地元では充足できないから、他県に頼らざるを得ないのが現状のようです。

3ヵ月後のスタートを目指して、移動商店プロジェクトを手伝っていきたいと考えてます。
(もちろんこれは仕事ではなく、個人的な取り組みです。)

   *** 

ところで、今回持っていった野菜は飛ぶように売れました。

(東京から行ったわれわれの場合は高速代とガソリン代を考えると赤字ですが、
地元の人が同じ事をやれば、これで十分生計が立ちます)

今回、闇市を開いたのは住宅地の駅前。

この地区には、大きなスーパーが数件ありましたが、オープンしてるのはそのうち一軒だけで、入場制限で大行列。

何人かのおきゃくさんと立ち話しましたが、いろんな声を聞きました。

「終戦後の闇市を思い出すね。」

「配給は本当にありがたいと思うが、
毎日菓子パンやカップ麺では力が出ないし、病気になっちゃう。
自分で好きなご飯を作りたい」

「こういうのを待っていました。地震の最初の週が特に辛かったよ。」

「元気なおにいさん達を見てこっちも元気が出たよ! 学生さん?」 (いいえ違います)

「行列はもう飽き飽き。特にお年よりには寒い中外に並ぶのは酷。」

「好物のイチゴが食べたいな。」 (ゴメンね、イチゴは仕入れなかったの)

「毎日やってるの?」
「ぜひ明日もきて欲しい」、
と多くの方に言われましたが、移動八百屋は実験なので、
残念ながら1日限りで閉店です。

被災地の周辺の農家さんには、ぜひこの機会に移動販売をやって欲しいとおもいます。
(あ、でもこういうことすると、JAにおこられるのかな・・・)

帰りがけに、お寺に、小田原のみかんプロジェクトのみかんと飲み物を寄付して帰りました。
こっちも大変喜ばれました。
by sugitacp | 2011-04-12 17:39 | 震災ボランティア | Comments(6)
Commented by やっち at 2011-04-12 20:13 x
ナイスアイディア!!
Commented by つつじ at 2011-04-12 21:37 x
諸手を挙げて応援したくなるプロジェクトだと思います。

自分の必要なものを自分で買うという日常がどんなにありがたいか。

八十になるうちの姑はちょっと認知症気味ですが、買い物につれていくとほんとに生き生きするのです。

今回の災害でつくづく思いました。
国とか自治体とかは調整役に徹してほしい。
主役は顔を合わせる住民。
単位となるコミュニティはお互いが知り合いという規模で充分。

それにしてもよくぞおでかけくださいました。
ほんとに頭が下がります。
Commented by ひろひろ at 2011-04-13 19:49 x
素晴らしい試みだと思います!
今回のような災害のときばかりでなく、「支援」は、相手が自分の力で生活していけるように助けることが大切、と思います。
今回の災害では、まだまだ物を送ることも必要でしょうが、その先の支援方法を考える時期に来ているのかもしれないですね。

杉さん&お仲間の方の行動力とアイディアに拍手!
Commented by sugitacp at 2011-04-14 18:56
みなさん、応援ありがとうございます。
まだまだ企画段階ですが、形になるようにがんばります!
Commented by hata at 2011-04-15 13:35 x
私は仙台在住です。(ファンデーションを愛用させてもらってます(^^)♪)

店長・・・ ありがとうございます(;;)
私は幸せな被災レベルなので、結構早めに仕事に復帰しました。
そんななか、同じ東北でも無事だった地域の人たちからの思いやりのない(又は足りない)言葉によって、
かなり傷つけられることも多かったです。
(他社の多くの人たちも同様だったようです。)

もちろんそういう方だけではなく、幸せを感じさせてもらったり
笑顔になれる言葉も沢山いただいたことも補足しておきます。

そのうえで、店長にはとにかくとにかく感謝の気持ちでいっぱいです。

市内では 他県ナンバーの復旧応援車(者)も沢山見かけます。
未だに見かける度に感謝の思いで涙がこみ上げます。
店長を始め、応援して下さってる皆様にとにかく感謝です。

本当にありがとうございます<(__)>

では!私も地元民として、引き続きできる限りのことをしていきたいと思います。






Commented by sugitacp at 2011-04-20 14:42
hataさん、 ご愛用ありがとうございます!
同じ東北内でも被災の度合いの格差でつらい思いをされることもあるようですね。
東京でも、計画停電エリアの人、いまだに水道が使えない人、そして全く影響がない人、子供がいる人いない人、などで生活や危機感に非常に大きな格差が生まれているようですよ。
かなり不平等です。 
余震も続くし、先が長い感じですが、気長に出来る限りのことを続けるのがいいようですね!私もがんばります!
ただ行商?は、大手のイオンさんとかも始めていただけたようで、とりあえず自分がやらなくても良さそうでホッとしてます。
引き続きテーマを見つけて自分に出来ることをしたいと思ってます。
<< 春のちくわ またまた宮城いき >>