春菊の花がさいてる
f0041769_12162963.jpg当たり前ですが春菊だって菊なんですね。
花も咲くんですね!

当たり前のことにびっくり。

規格どおりに処理・選別された食材は、ついつい工業製品みたいに考えてしまいがち。
実は生き物だったって事を忘れてしまいます。

 ***
スーパーの鮭の切り身しか知らない子供が、海には鮭の切り身が泳いでると思ってる、
最近の子供は、ダメだ、みたいな論調の話があるけど、

鮭の切り身しか知らないくせに、海には鮭という魚がいて川を上る、などとTVや本で得た知識を、
さも自分が見てきたかのように常識として盲信している大人達の方がどうかしてるんじゃないか?

鮭の切り身を見て、海にはこういう切り身が泳いでると、
目の前にあることから仮説をたてる方が思考として健全では?

なぁんて、くだらないことを、屋上農園の春菊の花を見ながらご飯を食べつつ考えました。
これって、食育ってやつでしょうか。
by sugitacp | 2010-05-26 12:16 | 今日の出来事 | Comments(4)
Commented by Take at 2010-05-26 13:33 x
「電気」って概念、プラスからマイナスに移動するなんていうことは間違っていて実は自由電子がマイナスからプラスに移動しているんだし、野生のシカも餓死直前では死肉を食べるんですよね。僕らもたんぱく質が欠乏すれば、糖質や脂質をたんぱく質に変えようと体は調整するし、わからないことや間違って覚えていることもたくさんあるんだと認識することは大切なんでしょうね。
そうして『世の常識』を検証していれば、世の中の間違えを見つけて是正する力になったり、中には逆転の発想でノーベル賞物なんてこともありえるでしょうね。
昔聴いた話で、東大より京大のほうがノーベル賞受賞者が多いのは、東京は飲み屋がたくさんあって「文学部の集まるお店」「工学部生御用達のお店」が分かれているけれど、京都は小さな盆地の中なので必然いろんな人がごっしゃにおしゃべりしながら酒を酌み交わしているから、だとか。真偽はともかく思わずうなずいてしまいました。
Commented by sugitacp at 2010-05-26 19:13
『スーパーで売っている鮭の切り身の中には、ここだけの話、海で泳いでるのを捕獲したものも混じってるのです』、と酒を酌み交わしつつ証明して、一緒にノーベル賞(文学賞?)目指しましょう(笑)!
Commented by おでんひめ at 2010-06-02 11:47 x
うちの春菊も 花が咲いていますが 白が多い花と 黄色がちの花が あります。同じ春菊の花なのに・・・ふしぎ。
Commented by sugitacp at 2010-06-02 12:12
そうそう!ここの畑でも黄色のも咲いてました!フシギですね。
<< カンボジアのあかちゃん 猫かくれんぼ >>