殺人事件のはなし
先日。

栃木方面に向かう急行電車に乗ってたら、二人のおばあさんが乗ってきた。
向かい合わせのボックスシートに座って、耳が遠いのか、周囲に気がねにせず大声で話している。

農家の人らしく、
今年は「かきな」を植えよう、とか、
農協の新年会の集まりが悪くてサー、
とか言う話をしてましたが、そのうち近所で亡くなったおばあさんにまつわる物騒な話になった。

おばあさんA: ●●さんの通夜の話はきいた?
首に絞められた痕があったってXXさんが言ってたんだよ~!


おばあさんB: 
そんなこというもんじゃないよー。


おばあさんA: 
でもねえ、お隣の▲▲さんが言ってたんだけど、
●●さんが亡くなった日の午前中、
例のあの息子と大げんかして激しく言い争ってたって言うじゃないのよ?!
そしたら亡くなったって連絡が入ってさぁ。 驚いちゃったよ。


おばあさんB: 
そんなこというもんじゃないよー。
きっと、あれだよ、大げんかして頭に血がのぼってさー、
頭ん中でプチって切れたんじゃないの?


おばあさんA:
 (不満そうに) そうなのかねぇ。


おばあさんB: 
そうだよー!
そんなこというもんじゃないよ~。

   ***

昔は、事故死とか病死とかで片付けられ、立件されない殺人事件が
田舎では多かったと言う噂を聞いたことがありますが、真相はいかに。

ものすごく気になりつつ、電車を降りましたが、、、さっき考えました。

うわさ好きなおばあさんAと、それを冷静にたしなめるおばあさんB。
こうやってバランスがとれてるといいんでしょうけど、
おばあさんBがあおったりすると大騒ぎになるんでしょうね。

おばあさんC(亡くなったおばあさん)。
死んだ日に息子と大喧嘩しちゃったのがかわいそうだなと思いました。
プチっ!となる前に、ちゃんと仲直りできてたらよいけど。
by sugitacp | 2010-01-19 10:30 | ちょっと変わった体験 | Comments(2)
Commented by Take at 2010-01-19 11:22 x
2009年11月30日の千葉大生の荻野友花里さんの殺人放火事件。
猟奇的な事件だからかもしれませんが、マスコミは彼女の私生活を追いかけ問答無用に報道しました。曰く、夜の風俗店で働いていたとか・・・・。少なからずも僕も色眼鏡で『被害者の彼女を』見てしまいました。
が何のことなく単なる物取りが、居直り強盗になり、挙句の果てに放火までしたようで、殺された彼女のプライバシーはあそこまで世間に公表される必要があったのか、殺害された被害者であり、マスコミにプライバシーを公表された被害者という2重の被害者であることに、事件の真相が究明されるに従って心を痛めます。

また、容疑者(まだ犯人とは決まっていない)人が写真入りで名前が載ることにも疑問を感じますね。
マスコミの報道姿勢は、すこしゴシップの方向に動いているような気がします。

事件の解明は警察に任せ、そのさなかの取り調べで人権にかかわる時こそ、マスコミは声を大きくしてほしいものです。
Commented by sugitacp at 2010-01-19 16:30
うわさ好きなおばあさんAと、それを冷静にたしなめるおばあさんB。
こうやってバランスがとれてるといいんでしょうけど、おばあさんBがあおったりすると大騒ぎになるんでしょうね。

おばあさんC(亡くなったおばあさん)。
死んだ日に息子と大喧嘩しちゃったのがかわいそうだなと思いました。
<< つつしんで食べること 小田原から箱根まで山を歩いてみた。 >>